頚椎ヘルニアの慢性期と急性期について

  • 投稿者:
  • 2012年11月9日 4:41 PM

頚椎ヘルニア治療NAVI運営事務局の大熊です。先週はかなり寒かったですが、今日は比較的に温かくて、ダウンジャケットなどはいらなかったですね。

さて、本日事務所に戻り、メールをチェックしていたら、以下のようなご質問を頂きました。この方の対応策を考えていきたいと思います。

——————————————————————————————————————–

先日お電話でご相談させていただきました。そこで再度お尋ねしたいのですが、私の状態で即治療を開始しても大丈夫かどうかをどうしてもお聞きしたかったのです。

頚椎ヘルニアの診断をうけ、毎日病院のリハビリに通っています。しびれは牽引でかなり回復しました。

ただ、頚や、肩、のいたみとバリバリの張り感、凝り感がかなりつらく、背中から上を切ってしまいたいくらいの感覚です。また、下に向くことができません。

文字を書くために下に向くと必ず頚椎と背骨がいたくなり悪化します。今このような症状のときに、治療を開始してもかまわないでしょうか。

つまり、頚椎ヘルニアには急性期、慢性期とあるとおもいますが、症状が激しいうちに開始しても大丈夫でしょうか。それをどうしてもお聞きしたかったのです。よろしくおねがいします。

——————————————————————————————————————–

ご質問ありがとうございます。まず、急性期の場合はアイシングなどをして、しっかりと冷やすことが大事になってきます。

急性期は炎症を起こしている状態ですので、温めるのではなく、冷やすことがポイントになってきます。

そして、慢性期になったら、血流の流れを良くするために、温熱治療などを始めていきます。

ですので、現在、急性期の状態であれば、あまり無理をせずに、冷やして痛みが引くのを待つ方が良いと思います。

そして、炎症が落ち着いてきたら、お伝えした治療法を行うようにしてみてください。もし、今の状態でお伝えした治療を行うと、症状が返って悪化してしまう恐れがあります。

また、炎症が治まらず、いつまで経っても痛みが引かないようであれば、またご相談ください。よろしくお願いします。

今回もかなり悩みの深いご相談をいただきました。次回もお問合せ頂いた内容に的確にお答えできるよう、頑張っていきたいと思います。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

この記事のトラックバックURL :