裁判員裁判のやり直しについて。

  • 投稿者:
  • 2013年1月30日 6:10 PM

こんばんわ、サポート事務局の大熊です。今日は気になったニュースがありましたので、そのことについて少しお話をしていきたいと思います。

あなたはもうご存知かと思いますが、一般の方が抽選で選ばれて裁判を行う、裁判員制度。この裁判員制度が今月の29日、全国で初めてとなる、裁判員裁判のやり直しが決まったそうでです。

1回目の裁判は2010年10月に行われ、その際の裁判員たちはもちろん真剣に取り組んだはずです。

しかし2審の仙台高等裁判所は、話し合うべき争点の整理が不十分だったとし、適切な審理ではなかったとしてやり直しを命じたのです。

この件について取材に答えていた裁判員の方のインタビューがありましたが、当然のことながらこの結果には大きな不満を抱えているようです。

自分の時間を削り、真剣に話し合ったにもかかわらず、やり直しと言われてしまったのですから。

しかもその理由が、事前に話し合うべき争点の整理がきちんとされていなかったということですが、そもそも裁判員たちはその裁判の内容をきちんと見て把握していたはずです。

裁判員たちは自分の時間を削ってその裁判に赴き、その目で裁判の経過を見てしっかりと話し合ったのです。それを、争点の整理の不十分と言われてしまうと、腑に落ちないものを感じるでしょう。

やりなおし裁判員裁判がDVDの視聴で行われるとなると尚更です。目の前に事件の当事者がいるのと、すでに終わった話とDVDで見るのでは大きく印象が変わってくると思うのですが、裁判長はその点をどう考えているのかが気になるところです。

公判手続きの裁判、というもので、裁判員裁判でなければこのようなことは過去にもあり、法廷で長所を読み上げるなどの方法もあったそうですが、裁判員への分かりやすさを重視するためDVDの視聴となったそうです。

やり直し裁判では裁判員は新たに選び直されるようで、この結果がどうなるか、気になるところです。

私はまだこの裁判員に選ばれたことはありませんが、選ばれた方は強制的に出席しないといけないようですね。

どんな用事があろうが、仕事があろうが選ばれた人間は出席をしないと法律に違反するというのですから、この辺もどうかと思います。今回、審査をされた方達の心境を思うとなんとも言えない気分です。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

交通事故で頚椎ヘルニアになってしまったら・・・

  • 投稿者:
  • 2013年1月24日 3:26 PM

こんにちはサポート事務局の大熊です。先日お客様からある相談を受けました。それは、息子さんが交通事故に合い、頚椎ヘルニアになってしまったとのことでした。

予告なしにいきなり遭うことになる交通事故によって、頚椎ヘルニアになってしまった時はいったいどうすれば良いのでしょうか。

交通事故によって頚椎ヘルニアを引き起こした場合、すぐに病院に行ってそのヘルニアが交通事故を原因として引き起こしたかどうかをはっきりさせることは、これから先の生活にとっても非常に重要な意味を持っているということを忘れないようにしてください。

場合によってはその頚椎ヘルニアが事故によって発生したのではないと判断され、治療費などを全て自分持ちにしなければならないので、そうした金銭トラブルにも非常に有効な意味を持っています。

事故を起こしたばかりの状態はアドレナリンなどが分泌して痛みをある程度忘れることができるので、痛みをまるで感じないからと病院に行ったり治療を怠ったりするのをサボると数時間後に急に痛みが出てきて、即入院になることも少なからずあるのだそうです。

そういった肉体的に起きるトラブルにも対処するために事故に遭ったらすぐに病院に行くようにしておきましょう。交通事故は被害者側も加害者側も色々大変なことになりがちですが、身体に気を使いつつ行動しましょう。

車の運転は危険と隣り合わせの作業です。いくら運転技術があっても事故に遭う可能性はゼロとは言い切れないので、運転する時は知っている道でも慎重に通るようにしてください。

交通事故の場合、お伝えした事故がきっかけで発症したのか、していないのかが争点となります。

今回、相談を受けたお客様もここの部分が争点となり保険会社と争っているとのこと。家族からしたら、ケガを負わされているのにも関わらず、保険金が下りないとなると問題です。

ですので、事故後はなんともなくても病院で必ず検査することをお勧めしています。また、警察への届け出も大事になりますので、覚えておいてください。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

新年早々、専務がインフルエンザになってしまいました・・・

  • 投稿者:
  • 2013年1月11日 3:03 PM

明けましておめでとうございます。サポート事務局の大熊です。ブログの読者様、今年も頑張って参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

仕事初めから、お世話になっている方々への挨拶まわりなどがあり、ブログでのご挨拶が遅れてしまいました。

当事務局は今週の月曜日から仕事初めだったのですが、一つ事件が起きました。それは・・・、専務がインフルエンザにかかり、新年初日からお休みとなりました。

いや~びっくりです。なんでも仕事納めの次の日から調子が悪くなり、年越しもずっとベットで過ごしていたようで、年始も熱が下がらなく体調が戻らないため、救急病院に行ったところ、インフルエンザと診断され、1週間は自宅監禁と言われたそうです。

今まで仕事を休んだところを見たことがなかったので、社員一同驚きでした。社長も心配をしていますが、なにせインフルエンザですから、見舞いにいくこともできないようで、困っていました。

いつも誰よりも責任感があって、仕事には真面目な専務ですから、いい機会だと思ってゆっくりと体を休めていただきたいものです。

また、私ごとではありますが、親戚の子供が腰痛になってしまい、部活や体育授業をすることができずに悩んでいると、実家に戻った時に相談を受けました。

なんでも、最近の子供は腰痛になる比率が非常に高いようで、全校生徒の10%強は腰痛で悩んでいる子供だそうです。この話もとてもびっくりですよね。腰痛と言えば大人の病気だと思っていましたから。

今日は挨拶を含め、色々とお話をさせていただきました。今年1年も少しでも多くの方のお役に立てれるよう、スタッフ一同頑張ってまいりますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。