3Dプリンター義手について

  • 投稿者:
  • 2013年3月31日 11:33 AM

こんにちは、事務局の大熊です。本日はお客様からの対応が少なかったため、少し気になったニュースをお伝えしたいと思います。

本日気になったニュースは3Dプリンター義手についてです。先日、3Dプリンターで義耳を開発しているという話をお伝えしましたが、今度は3Dプリンターで作る義手のお話です。

義手は義耳に比べると話題になる機会も多く、また、指先の動きなど複雑な稼働が必要になるものです。

しかし実際にはそのようなメカニックな義手は高価で、特に子供は成長に従って付け替えが必要になるため、なかなか買えるものではありません。

そこで、3Dプリンターを使用することでなるべく安価で、かつ高性能な義手を作ろうという試みは始まったのです。この義手はもちろん、きちんと指先まで動くメカニックなものです。

この義手の開発者であるEaston LaChappelleさんは、約750万円の義手をつけている8歳の少女と出会い、義手の付け替えについて悩んでいる様子を見て、安価でありながら性能の良いメカニックな義手を作ることを決意したそうです。

現在すでにテスト作がいくつか作られており、しっかりと指などの関節を動かすことができます。また、この義手をコントロールするためのソフトウェアは無料で配布する予定とのこと。

オープンソースで公開し、設定もごくシンプルなものになっているため、この義手の製作や使用に特別な技術は必要ありません。

また、ギア・モーター・ネジを除いた全ての部品が3Dプリンターで製作している義手ですから、パーツの一部が破損したという場合には、手元に3Dプリンターがあればそれで補修をすることができます。

こちらは現在開発資金の出資を募っている最中で、その集まった資金次第でより高性能で軽い義手ができるかもしれないそうです。

なんとも素晴らしいお話ですよね。このような善意の方がいるから、体が不自由な方も希望が持てるのだと思います。本日はこれで以上となります。また、次回もどうぞよろしくお願い致します。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

頚椎ヘルニアは症状が進行すると大変なことになります・・・

  • 投稿者:
  • 2013年3月28日 6:24 PM

こんにちは、事務局の大熊です。今日は頚椎ヘルニアの症状が進行してしまうと、大変なことになるというお話ができればと思います。

頚椎ヘルニアは激痛が起こる病気だ、とよく言われますが、強い力の電気で刺激されているような感じ、夜中も痛みで眠れない、などというケースはやはりよくあります。

また頚椎ヘルニアは進行性の病気ですので、できるだけ早く治療を開始するのが懸命です。進行の度合いは人によって違います。

早い人の場合は朝には軽い違和感を感じる程度だったのに、夕方には腕がしびれてきてものを持ち上げることもできなくなる、という場合もあります。

また首にヘルニアがあってもそのままの状態で何年も痛みが起こらない場合もあります。このような場合は治療をしなくても何も問題はありません。

しかし、腕や指先にかけての違和感などの神経症状が少しでも出たら早めの治療が必要になります。

もちろん早期発見はもっとも効果的な治療法です。完治する可能性も高まりますし、手術をして多額の費用をかけるようなことにもなりません。

もし首、肩などに違和感を感じたり、しびれで動きが制限されてきたような場合は速やかに整形外科に行って、症状についてを相談すべきです。

中高年の方は近所にかかりつけの病院でもかまいません。運がよければ開業医として整形外科と内科を兼ねているところもあります。

日頃から定期的に健康のチェックをしてもらっていれば、痛みが起こってもすぐに行動に移せますし、長い間ヘルニアかどうかについて悩んでしまうようなことにもなりません。

こういった日常的なケアについては、病院だけでなく整体やカイロ、整骨なども有効です。特に運動器系の健康状態のチェックと病気の予防には有効です。

骨や筋肉などのゆがみ、ずれなどを健康な状態に維持し、常に健康な意識で生活をしていくことができるようになります。

様々な治療法がある中で、どのカテゴリーの治療法がいいものか、はなかなか判断しがたいものですが、できるだけアクセスしやすい、また主治医がとても頼もしく見える、というのであればまず間違いはないと言えます。

本日の情報があなたにお役に立てたら幸いです。それでは、また次回もどうぞよろしくお願い致します。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

スマホアプリの注意点について

  • 投稿者:
  • 2013年3月24日 3:20 PM

こんにちは、運営事務局の大熊です。本日はお客様からの問い合わせが少なかったため、気になった話題についてお伝えしたいと思います。

それは、スマホアプリの注意点についてです。スマートフォンと言えば現在シェアを占めているのはiphoneとAndroidです。様々なアプリで日々の生活を便利にしてくれるありがたいものです。

しかしそのアプリは、必ずしも安全なものではないということは認識しておかなければなりません。通常これらのスマートフォンはメーカーの公式サイトを経由しないとダウンロードできないようになっています。

その意味で、パソコンでフリーソフトをダウンロードすることよりは安心できるでしょう。しかし必ずしもすべてのアプリが安心できるものとは限らないのです。

よくあるのはインストールされた機器の情報を抜くことで、使用者のプライバシーまでも覗き見る機能を付加したアプリです。

もちろんその覗き見は、表立っては行われません。とはいっても、スマートフォンがウィルスプログラムに感染するというのは、あまり考えていない人も多いんではないでしょうか。

もちろんメーカー経由でしかダウンロードできないのですから、メーカーも危険なものは排除するようチェックしてくれています。

しかしそれでも、巧妙に隠れた悪意のあるアプリは見つけきれないという現状があります。

セキリュティソフトを扱う会社・トレンドマイクロではAndroid向けアプリについて解析したところ、200万本中29万本がマルウェアで、そのうち7万本がGoogle Playからダウンロードしてきたものだったそうです。

公式でも弾ききれないのですから、各自がきちんと自衛して、怪しいアプリはダウンロードしないように気をつける必要があります。

私もiphoneを使用してよく気になったアプリはガンガンダウンロードしてしまうので、今後は注意してダウンロードしていきたいと思います。あなたも気を付けてくださいね。

本日はこれで以上となります。それではまた次回もどうぞよろしくお願い致します。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

頚椎ヘルニアとバスケットボールの関係性について

  • 投稿者:
  • 2013年3月22日 6:08 PM

こんにちは、運営事務局の大熊です。本日は頚椎ヘルニアとバスケットボールの関係性についてお伝えしていきたいと思います。

頚椎ヘルニアの原因には様々ありますが、代表的なものとしては、加齢による椎間板の変化に伴い頚椎がはみ出してしまう場合、長年の悪姿勢によるものがあります。

そして激しいスポーツ、特に首に負担がかかるバスケットボールやサッカーなどをやっている人であれば、若い年齢でも頚椎ヘルニアを発症する可能性はあります。

スポーツ選手にとっては試合以外にもケガとの戦いがつきものです。また、頚椎ヘルニアで引退を余儀なくされるスポーツ選手も多々存在します。

最初は首が動かせなくなる程度の症状ですが、やがて、腕や上腕、及び肩の痛みや脱力感が生じたりするようになります。

そして、重度になると両手や下半身にも障害が発生します。物が掴みにくい、足が突っ張り歩きにくいなどの歩行障害に進行することもあります。

その他、頭痛やめまい、吐き気といった症状が発生することもあります。このような症状が出たらなるべく早く専門医に診てもらい、治療を開始することが大切です。

頚椎ヘルニアの治療法は、基本的には薬物療法や保存療法などがあります。また、自然に治癒するのを待つこともあります。

外科手術などでは、完全に治すことができないものかと思うところですが、頚椎という神経系統が集まる箇所への手術となりますので、非常にリスクが高いものになります。

どんな名医でもなんらかの後遺症が残るとも言える、それほど難易度の高い手術なのです。そんな頚椎ヘルニアに有効な治療法として、ブロック注射があります。

これは神経ブロックへ直接薬剤を注入して、痛みの伝達経路をブロックして痛みをやわらげます。さらに血流を良くしますので、自分自身の治癒能力を高める効果が期待できます。

もちろん病気の進行度合いや個人的な体質等もありますので、十分に相談してから治療することになります。

このように頚椎ヘルニアは外的要因などで発症することが多くあります。もし、バスケットボールやその他激しいスポーツをしている方がいましたら、十分に注意して競技をするようにしてください。本日は以上です。それではまた次回お会い致しましょう。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

頚椎ヘルニアの闘病記について

  • 投稿者:
  • 2013年3月19日 11:00 AM

こんにちは事務局の大熊です。本日は頚椎ヘルニアの闘病記について少しお話できればと思います。

頚椎ヘルニアはただ痛むだけでなく指先の震えなど日常生活に支障をきたすような症状が現れる大変厄介な病気です。

症状の進行具合によっては入院する必要も出てくるので、初めてヘルニアになった方はどんな準備をしたら良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そんな時に役立つのが頚椎ヘルニアの闘病記です。実際に患者の体験談を読むことで自分がやるべきことを調べてみましょう。

頚椎ヘルニアのみならず他の病気に関しての闘病記をブログやホームページなどに掲載している方が非常に増えてきています。

自身の体験を公開することで、同じ病気を持つ人と交流を図って情報交換をしたり、ストレス解消に用いたりと闘病記を公開する目的は人それぞれです。

こうした体験は頚椎ヘルニアになったばかりの人や初期症状らしきものが出ているけどヘルニアなのか分からないという人には大変役立ちます。

自分に出ている症状がヘルニアによるものなのかどうか判断するための材料にもなりますし、苦労した点や治療を続けるコツなどを学び取ったりすることができます。

また、医療費がどのくらい掛かるのかある程度の目安として活用することも出来たりと、頚椎ヘルニアを治すために必要な情報を実体験から得ることが出来ます。

こうした情報は今までは身近にいる人からしか得ることが出来ませんでしたが、現在ではインターネット上で調べるだけで簡単に手に入れることが出来ます。

頚椎ヘルニアの治療は思ったように進まないことも多く、完治させるまでは非常に長い道のりを進まなければなりません。

そんな頚椎ヘルニアの治療を円滑に進めるためにも過去のデータは積極的に利用していきましょう。

成功談失敗談問わず治療のためには欠かせない大事な情報です。まったく使わないと使うのとでは大変さが段違いに変わってくることと思いますので、ぜひ活用してみてください。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

とても便利なイエデンワについて

  • 投稿者:
  • 2013年3月8日 6:19 PM

こんばんわ、大熊です。あなたはWILLCOMから「イエデンワ」というPHSケータイが出ていることをご存じでしょうか。

ケータイなのにイエデンワってどういうこと? と不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。

WILLCOMは「だれとでも定額」「ウィルコム定額プラン」など、通話のしやすいプランを数多く用意しており、これをもっと多くの人に利用してもらおうという意図で作られた、家電型のPHSケータイなのです。

見た目はごくごく普通の据え置き型の家電話で、短縮ダイヤルも完備。また、赤外線通信機能で、ケータイ電話から電話帳をコピーしてくることもできます。

また、設置工事が不要で、いざという時には乾電池でも駆動するので、災害時にも役立ちます。このイエデンワが好評で、新モデルが登場することとなりました。

前verと同様、見た目は完全に普通の電話で、知らない人が見たらPHSだとは気付かないでしょう。

また、いくつかの新機能も搭載しており、今回は固定回線とPHS回線の両方をこの1台で接続可能です。

発信時に都度切り替えができるので、使い分けも容易です。もちろん前verと同様、面倒な設置工事は不要。乾電池での稼働も可能で、単3電池4本で約8時間の連続通話ができるそうです。

地味に嬉しいのが、ハンズフリー対応。最近の電話ではよくある機能ですが、前回のイエデンワには搭載されておらず、イエデンワ2からの対応となりました。

これはとても便利だと私は感じましたね。私みたいな若い人間は固定電話を家にほとんど引いていな人が多いはずです。

私も携帯電話があるので、自宅に固定電話を引く必要がないため引いておりません。ですので、このイエデンワを自宅においておけばとても便利だと思いました。

私は近いうちにこのイエデンワ2を自宅用に購入しようと思います。もしあなたも興味があるようでしたら、購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。