裁判員裁判のやり直しについて。

  • 投稿者:
  • 2013年1月30日 6:10 PM

こんばんわ、サポート事務局の大熊です。今日は気になったニュースがありましたので、そのことについて少しお話をしていきたいと思います。

あなたはもうご存知かと思いますが、一般の方が抽選で選ばれて裁判を行う、裁判員制度。この裁判員制度が今月の29日、全国で初めてとなる、裁判員裁判のやり直しが決まったそうでです。

1回目の裁判は2010年10月に行われ、その際の裁判員たちはもちろん真剣に取り組んだはずです。

しかし2審の仙台高等裁判所は、話し合うべき争点の整理が不十分だったとし、適切な審理ではなかったとしてやり直しを命じたのです。

この件について取材に答えていた裁判員の方のインタビューがありましたが、当然のことながらこの結果には大きな不満を抱えているようです。

自分の時間を削り、真剣に話し合ったにもかかわらず、やり直しと言われてしまったのですから。

しかもその理由が、事前に話し合うべき争点の整理がきちんとされていなかったということですが、そもそも裁判員たちはその裁判の内容をきちんと見て把握していたはずです。

裁判員たちは自分の時間を削ってその裁判に赴き、その目で裁判の経過を見てしっかりと話し合ったのです。それを、争点の整理の不十分と言われてしまうと、腑に落ちないものを感じるでしょう。

やりなおし裁判員裁判がDVDの視聴で行われるとなると尚更です。目の前に事件の当事者がいるのと、すでに終わった話とDVDで見るのでは大きく印象が変わってくると思うのですが、裁判長はその点をどう考えているのかが気になるところです。

公判手続きの裁判、というもので、裁判員裁判でなければこのようなことは過去にもあり、法廷で長所を読み上げるなどの方法もあったそうですが、裁判員への分かりやすさを重視するためDVDの視聴となったそうです。

やり直し裁判では裁判員は新たに選び直されるようで、この結果がどうなるか、気になるところです。

私はまだこの裁判員に選ばれたことはありませんが、選ばれた方は強制的に出席しないといけないようですね。

どんな用事があろうが、仕事があろうが選ばれた人間は出席をしないと法律に違反するというのですから、この辺もどうかと思います。今回、審査をされた方達の心境を思うとなんとも言えない気分です。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

交通事故で頚椎ヘルニアになってしまったら・・・

  • 投稿者:
  • 2013年1月24日 3:26 PM

こんにちはサポート事務局の大熊です。先日お客様からある相談を受けました。それは、息子さんが交通事故に合い、頚椎ヘルニアになってしまったとのことでした。

予告なしにいきなり遭うことになる交通事故によって、頚椎ヘルニアになってしまった時はいったいどうすれば良いのでしょうか。

交通事故によって頚椎ヘルニアを引き起こした場合、すぐに病院に行ってそのヘルニアが交通事故を原因として引き起こしたかどうかをはっきりさせることは、これから先の生活にとっても非常に重要な意味を持っているということを忘れないようにしてください。

場合によってはその頚椎ヘルニアが事故によって発生したのではないと判断され、治療費などを全て自分持ちにしなければならないので、そうした金銭トラブルにも非常に有効な意味を持っています。

事故を起こしたばかりの状態はアドレナリンなどが分泌して痛みをある程度忘れることができるので、痛みをまるで感じないからと病院に行ったり治療を怠ったりするのをサボると数時間後に急に痛みが出てきて、即入院になることも少なからずあるのだそうです。

そういった肉体的に起きるトラブルにも対処するために事故に遭ったらすぐに病院に行くようにしておきましょう。交通事故は被害者側も加害者側も色々大変なことになりがちですが、身体に気を使いつつ行動しましょう。

車の運転は危険と隣り合わせの作業です。いくら運転技術があっても事故に遭う可能性はゼロとは言い切れないので、運転する時は知っている道でも慎重に通るようにしてください。

交通事故の場合、お伝えした事故がきっかけで発症したのか、していないのかが争点となります。

今回、相談を受けたお客様もここの部分が争点となり保険会社と争っているとのこと。家族からしたら、ケガを負わされているのにも関わらず、保険金が下りないとなると問題です。

ですので、事故後はなんともなくても病院で必ず検査することをお勧めしています。また、警察への届け出も大事になりますので、覚えておいてください。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

新年早々、専務がインフルエンザになってしまいました・・・

  • 投稿者:
  • 2013年1月11日 3:03 PM

明けましておめでとうございます。サポート事務局の大熊です。ブログの読者様、今年も頑張って参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

仕事初めから、お世話になっている方々への挨拶まわりなどがあり、ブログでのご挨拶が遅れてしまいました。

当事務局は今週の月曜日から仕事初めだったのですが、一つ事件が起きました。それは・・・、専務がインフルエンザにかかり、新年初日からお休みとなりました。

いや~びっくりです。なんでも仕事納めの次の日から調子が悪くなり、年越しもずっとベットで過ごしていたようで、年始も熱が下がらなく体調が戻らないため、救急病院に行ったところ、インフルエンザと診断され、1週間は自宅監禁と言われたそうです。

今まで仕事を休んだところを見たことがなかったので、社員一同驚きでした。社長も心配をしていますが、なにせインフルエンザですから、見舞いにいくこともできないようで、困っていました。

いつも誰よりも責任感があって、仕事には真面目な専務ですから、いい機会だと思ってゆっくりと体を休めていただきたいものです。

また、私ごとではありますが、親戚の子供が腰痛になってしまい、部活や体育授業をすることができずに悩んでいると、実家に戻った時に相談を受けました。

なんでも、最近の子供は腰痛になる比率が非常に高いようで、全校生徒の10%強は腰痛で悩んでいる子供だそうです。この話もとてもびっくりですよね。腰痛と言えば大人の病気だと思っていましたから。

今日は挨拶を含め、色々とお話をさせていただきました。今年1年も少しでも多くの方のお役に立てれるよう、スタッフ一同頑張ってまいりますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

私のような痛みにもこちらの治療法は効果はありますか?

  • 投稿者:
  • 2012年12月27日 5:55 PM

こんばんわ、サポート事務局の大熊です。今日も一段と冷え込んでますね。横浜では風が冷たいではなく、痛いです(笑)。

あっ、ちょっとした雑学ですが、口から息を吐いて白い息になると、気温は10度以下、鼻から息を吐いて、鼻の息が白くなったら、気温は5度以下になっているそうです。

あなたは知っていましたか?私は最近友人に教えてもらいました。今年で38歳にもなるのに、こんなことも知らなかったの、と言われてしまいましたが、知らないものは知らないとはっきりと言ってやりました。

だって、友人がドヤ顔するんですもん。ちょっと、友人に腹が立った瞬間でした。さてさて、くだらない話はこの辺にして、本日もお悩み相談をしていきましょう!

——————————————————————————————————————–

こんばんわ、Tと言います。今年で55歳の男性です。20代の後半にぎっくり腰をしてから慢性の腰痛に悩まされてきましたが、昨年の初めには「後縦靭帯骨化症」と診断されて同じ年の8月に頸椎を広げる手術を行いました。

手術は成功して痛みがとれた部位もありますが、痛みがそのままの部位や新たに痛む部位が発生しました。

特に痛むのは、両肘の内側と右手中指・左手親指の腱鞘炎、右手親指のCM母子関節炎です。両腕とも揉むと痛みがあります。このような痛みにも効果があるでしょうか。

——————————————————————————————————————–

T様、ご質問ありがとうございます。メールで状態をお伺いする限り、手術の後遺症が残ってしまったものではないかと思います。

このような状態の場合、とにかく根気よく治療を続けていくしかありません。肩周りの病気、四十肩、五十肩、胸郭出口症候群などの原因は、ほとんどの場合、肩関節周りの拘縮です。

つまり、肩関節が固まってしまうことにより、痛みが発生するというものです。これを解消するには、多少の痛みがあっても固まってしまっている部分を解消するために、肩周りをどんどん動かす必要があります。

この際、動かしていなかった部分、固まった部分を動かしていきますから、かなりの痛みが出ます。ですが、そこで止めてしまっては何も変わらず、状態は変わりませんので、痛みが出てもどんどん動かすようにしてください。

まずはお伝えしたストレッチを30日間実践していただき、その後、治療経過を聞かせてください。その都度、T様の症状に合った適切なアドバイスをさせて頂きます。

本日はこれで以上となります。また、何か分からないことや不明な点がありましたら、いつでもご連絡いただければと思います。よろしくお願いします。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

頚椎ヘルニアのブロック注射を打ってから症状が悪化しました・・・

  • 投稿者:
  • 2012年12月19日 6:40 PM

こんばんわ、運営事務局の大熊です。今日は会社の目の前でバイクとタクシーの事故に遭遇しました。

お昼ご飯を食べようと外に出た際、パトカーと救急車が何台も止まっており、何事かと思ったら、事務所の前で足を負傷した30代の男性の方が救急隊の手当てを受けていました。

どうも、バイクが反対車線から右折しようとして、タクシーとぶつかったようです。私もバイク通勤をしておりますので、気を付けなくてはですね。

改めて、交通事故の怖さに直面しました。あなたもバイク通勤や趣味でバイクを乗っていたら、事故だけは本当に気を付けてくださいね。

さて、本日もとても深いお悩みの相談メールが届いておりますので、ご回答していきたいと思います。

——————————————————————————————————————–

初めまして、Fと言います。10/11肩甲骨(背中心側上部)の下に激痛があり整形外科を受診。

背中にブロック注射を2本してから左の首筋が張り、首が傾きその日から左腕の痛みが始まり、寝転ぶことが出来なくなり、痛み止めも硬膜外ブロックも効きません。

楽になるのはお風呂だけで、MRIで頚椎ヘルニアの確認は出来ましたが、リハビリも痛くて出来ず安静だけで痛みに耐える毎日です。

このような状態でもこちらの治療は出来ますでしょうか?よろしくお願いします。

——————————————————————————————————————–

F様、お問合せありがとうございます。これは正直酷いですね。ブロック注射を打ってから完全に症状が悪化していますから、ブロック注射を受けた病院に再度状況を伝え、対処してもらうのかが一番だと思います。

正直これは、医療訴訟に発展しかねない問題だと思いますので、あまりにも症状が治まらないのであれば、医療関係に詳しい弁護士などに相談された方がよろしいかと思います。

金銭的に余裕がないのであれば、弁護士会などに電話をすれば、初回の1時間程度、無料で相談にのってくれるところもあるはずですので、一度、行かれてみてはいかがでしょうか。

F様の症状を当サイトで紹介している治療法で対応することは出来ると思いますが、まずは、治療を受けた病院に行き、責任を追及した方がよいかと思います。

また、状況をみてご連絡いただければと思います。よろしくお願いします。

う~~ん、今日の相談内容は正直ひどい内容でしたね。症状が悪化しているのにも関わらず、病院、医師は知らんぷりですか、困ったものです。

もし、あなたも整形外科などに行って、症状が悪化してしまったのなら、おとなしくしていることはありません。

担当した医師を訴える気持ちで堂々と状況を伝え、責任を取ってもらうようにしてください。

本日はこれで以上となります。それでは、また次回もよろしくお願いします。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

夫が頚椎ヘルニアの再発で左腕の力が入らない状態です。

  • 投稿者:
  • 2012年12月14日 11:13 AM

おはようございます、サポート事務局の大熊です。さすがに年末が近づいているだけあって、世間は慌ただしいムード間がいっぱいですね。

個人的にはこのムードが非常に好きです(笑)。また、よく変わっていると言われるのですが、12月31日の23時頃、誰もいない町を歩くのがたまらなく好きです。

なんと表現すればよいのでしょうか、あの静けさといい、年を越す前のなんとも言えないムードといい、分かってくれる人は分かってくれると思います。

2012年も、もう少しで終わりです。残りの日を悔いのないように毎日を全力で頑張って参りましょう。

それでは、本日も非常に悩みの深いお問合せをいただいておりますので、ご回答していきたいと思います。

——————————————————————————————————————–

初めて問い合わせをさせていただきます、京都のMと言います。

夫が頚椎ヘルニアの再発で左腕の力が入らない状態です。現在病院で痛み止めをもらい服用しています。

私自身は肩こりがひどく目痛や頭痛に悩み、また腰痛改善のためカイロプラテッィクに月1回通っています。

こちらのサイトで薦めているストレッチ法は私や主人のような症状にも対応しておりますでしょうか?

まずは私自身が改善されることを期待して、よさそうであれば夫にも勧めてみたいと思います。

お忙しいところ恐縮ですが、ご返信いただけると助かります。よろしくお願いします。

——————————————————————————————————————–

お問合せありがとうございます。結論から申し上げますと、M様自身とご主人様の症状を改善することは十分に可能かと思います。

M様の症状はお仕事がデスクワーク、1日中パソコンを使用しているとのことですから、これは職業病ですね。

このような環境にいる方は、その仕事を離れない限り、今の悩みを解決することは難しいと思います。

ですが、仕事を止めるわけにはいきませんから、当サイトでお伝えしているストレッチを休み時間などに行っていただき、それでも肩こりや疲れが溜まってきたら、現在も通っている、カイロプラクティックや整体などで緊張した筋肉をほぐしてもらい、対処していくしかないと思います。

後は、頚椎周りや肩甲骨周りの筋力を強化すれば、多少なりとも症状を緩和させることができますが、常に同じ姿勢でいる限りは、筋肉が緊張してしまうことは避けられないので、定期的に緊張した筋肉をほぐすしかないと思います。

また、ご主人の症状に関しましては、お薦めしているストレッチと筋力トレーニングを上手く併用させて、活用していけば症状を改善されていくと思います。

まずは、30日間実践していただき、その後、経過を診ながら、サポートさせて頂ければと思います。

本日はこれで以上となります。あなたのお役にも立てたら幸いです。それでは、また次回もよろしくお願い致します。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

頚椎ヘルニアの手術を受けようか悩んでいます・・・

  • 投稿者:
  • 2012年12月5日 5:26 PM

こんにちは、サポート事務局の大熊です。先日、東急東横線の人身事故の影響で1時間近く足止めを食らってしまいました。

その日は友人と中目黒で食事をして、横浜まで帰ろうとしたのですが、何やら駅の出入り口が騒がしい・・・。

駅の構内に入ってみると、駅員さんがスピーカホンで、現在、人身事故の影響で全線運転見合わせとのこと。

既に夜の22:00を回っていたので、その日に自宅に戻れるか心配しましたが、1時間程度の足止めで済み、なんとかその日のうちに自宅に戻ることが出来ました。

都心から離れると、このような状況に陥ったときにやはり不便を感じますね。都内に住んでいれば、タクシーやバスでなんとかなりますが、さすがに横浜までタクシーを使うとなると、諭吉さん1枚では足りないですからね。

もし、あなたが地方に住んでいて、都内で夜遊びするときは、最終電車の遅延のことも考えて、遊ぶようにした方が良いと思います。

さて、本日も悩みの深いお問合せをいただいております。それでは、ご回答していきますので、本日もどうぞよろしくお願い致します。

——————————————————————————————————————–

初めてメールします。23歳の男性、Uと申します。私は7ヶ月程前に交通事故に合い、首を痛めてしまいました。

事故直後はなんともなかったのですが、時間が経つにつれて左手の痺れが出るようになり、不安になって地元の整形外科に行ったところ、「頚椎ヘルニア」と診断を受けました。

それから、薬と湿布を出され、週に3回ほど牽引を行いましたが、症状が全く改善されず、逆にどんどん悪化していることを医師に告げたら、大学病院を紹介するといって、地元では大きな大学病院を紹介されました。

ですが、そこの病院の医師も同じで、薬と湿布で様子をみて、後はしばらく安静にしてなさいとのことで、1万円近い首のコルセットを買わされました。保険が効いたのでそこまで自己負担をしなくて良かったですが・・・。

しかし、それから2ヶ月近く経っても腕の痺れは取れず、そのことを伝えに行くと、今度は手術を勧められました。

ですが私の場合、手術をしたとしてもしびれが取れるかどうかは分からないと言われ、とても不安を感じております。

このような場合、治るかどうかも分からない手術を受けた方が良いのでしょうか?

もしくは、こちらのサイトで紹介している治療法で私のような症状でも対応出来るのでしょうか?

日常生活にも影響を受けており、仕事にも影響を受けています。真剣に悩んでおりますので、どうかアドバイスを頂ければありがたいです。よろしくお願いします。

——————————————————————————————————————–

U様、お問合せありがとうございます。結論から申し上げますと手術はしなくて大丈夫です。当サイトでご紹介しているストレッチ法で、U様の症状は十分に改善できると思います。

頚椎ヘルニアの手術をして欲しくない理由は、大勢の方がかなりの確率で再発をし、その後の後遺症に悩んでいるからです。

当サイトをご利用いただく方の中にも手術をして、その後の後遺症に悩まれている方が大勢います。ですので、手術は絶対にしないでください。

また、U様の症状に合った治療ですが、まずはお伝えしたストレッチを行ってください。1ヶ月も実践していただければ、痛みと痺れは緩和されてくるはずです。

痛みと痺れが緩和されてきたら、今度は頚椎周りに筋力をつけるためのトレーニングを行ってください。

これは、タオルを使った方法がお薦めですので、タオルトレーニングをご覧いただき、実践してみてください。

U様の症状であれば、おおよそ2ヶ月程度、お伝えしたストレッチと筋力トレーニングを継続していただければ、痛み、痺れとともにほぼ完全に取ることができると思います。

また、分からないことや疑問がありましたらいつでもご連絡ください。その都度、スタッフが対応させていただきます。

本日はこれで以上となります。あなたも頚椎ヘルニアでお悩みなのであれば、一人で悩んでいないで、当サイトへご相談してくださいね。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

私のような頚椎ヘルニアでも症状は改善されるのでしょうか?

  • 投稿者:
  • 2012年11月29日 2:18 PM

こんにちは、運営事務局の大熊です。そろそろ総選挙が始まりますが、あなたは誰に投票するか決まっていますか?私はどこに入れていいか全く分かりません。

期待して入れた民主党も、結局自民党と一緒で口だけ政党でしたね。本当に残念です。

正直、誰がトップに立とうが日本が変わることはないのではないかと思う、今日この頃です。

私は政治のことは正直分かりませんが、この数十年の間に、入れ替わり立ち代わりで総理大臣が変わりましたが、私たちの生活には何の変化もないように感じます。

それどころか、年々周りの環境は厳しくなり、物価は上がっているが、給与は上がる気配がない・・・、というか年々少しずつ下がっている傾向で、この先本当に不安ですよね。

こんな暗い話をしていたら、お客様に怒られてしまいそうですので、この辺で止めておきます。

さて、本日も以下のようなお悩みをいただいておりますので、アドバイスさせていただければと思います。

——————————————————————————————————————–

はじめて質問させていただきます、福岡県のOと言います。6月頃より首の斜角筋が硬く、そしてその部分を触ると痛くなり、それと同時にひどい肩こりが始まりました。

総合病院にて頚椎ヘルニアと診断を受け、7月頃から筋肉を緩める薬を頂き、今現在飲んでおります。

筋肉の痛みは緩和されましたが、まだ首の付け根あたりがズッシリと重く、頭を持ち上げてじっと立っている事が苦痛に感じられます。

そして、首レントゲンの結果、4番目から7番にかけて関節の間が狭くなっている事が分かりました。

毎日の生活が苦痛に感じられ、是非一度アドバイスを頂きたく思っております。どうぞ宜しくお願いいたします。

——————————————————————————————————————–

O様、お問合せありがとうございます。恐らくメールで症状を確認する限り、頚椎ヘルニアによる緊張性筋痛かと思います。

恐らく、O様は生まれつき頚椎の間が狭く、それが筋肉の緊張を招き、ふとしたことがきっかけで、痛みが出たのだと思います。

首と肩は筋肉が連動して動いているところが多いので、首の斜角筋に触れた際、肩の筋肉が同時に刺激を受け、痛みが出たものだと思います。

これを解消するには、当サイトでお伝えしているストレッチがお薦めです。

具体的なやり方は、後日お送りするDVDを観ていただければ分かりますが、首の付け根を伸ばすストレッチを30日間実践していただければ、大分症状は和らぐと思います。

後は、緊張している他の部位の筋肉をほぐしてあげることも必要となりますので、ディリーストレッチと一緒に実践されるようにしてください。

本日は以上となります。O様にアドバイスさせて頂いたことが、あなたにもお役に立てたでしょうか。それでは、また次回もよろしくお願い致します。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

日本最東端の島から新しい資源発見か?

  • 投稿者:
  • 2012年11月22日 6:24 PM

こんばんは、サポート事務局の大熊です。今日はお客様からのお問い合わせがなかったため、私が興味を持った、面白いニュースのお話をしたいと思います。

あなたは、日本最東端の島というものを、ご存知でしょうか。南鳥島という、周囲8Kmほどの小さな島です。

町はなく一般市民は居住していませんが、自衛隊や気象庁の職員が、気象観測や保全管理などで交代で常駐している島です。

海抜もたったの9mしかなく、この島では海水から塩を抜き消毒をして、水として使用しているそうです。

この島がここ最近、ニュースに取り上げられ、話題となっています。というのも、この付近の海底で、新たな資源が発見されたというのです。新しい資源が見つかっても、海底であったり地中深くであったり。

また、その資源が将来的には有効でも今は燃料化するのにコストがかかるなど、様々な理由で、実際に使えるのは相当先ということが多いです。

ですが今回ニュースになったレアアースは早ければ5年以内に実用化が可能だとも言われており、その量は日本の年間消費量の約220倍。

日本は自国の資源が少なく、技術で経済を支えてきましたが、近年は発展途上国の技術も上がり、技術差がだんだんと少なくなってきています。

また、現在日本はレアアースの輸入のほとんどを中国に頼っており、中国の出方一つで国内のレアアースの価格が大きく変動してしまうのも痛いところです。

レアアースを自国で調達できるようになることで、資源輸出や国内での価格調整にも大きな役割を果たすものとして、今後は目が離せないところです。

もし、これが実現できたら日本経済の立役者になりそうですよね。私はこのニュースを見て、とても元気になりました。あなたはいかがでしたでしょうか?

それでは、次回は通常通りお客様のアドバイスをさせていただければと思いますので、よろしくお願い致します。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。

 

頚椎ヘルニアは自然療法で治るものでしょうか?

  • 投稿者:
  • 2012年11月16日 9:47 AM

おはようございます、サポート運営事務局の大熊です。今日はとてもいい天気ですね。朝、区役所に用事があったので、一つ前の駅で降りて、会社まで歩いてきました。

初めてでしたが、とても気持ちが良く癖になりそうな感じです。一つ前の駅で降りて、会社に向かうのは、色々な景色や気づきがあるので、とてもお薦めかもしれません。

今後、時間があるときは実行していこうと思います。また、何か新しい発見や出来事があったら、このブログにアップしていきますので、楽しみにしていてください。

さて、会社に着いてメールをチェックしていたら、本日もとても深い悩みの相談メールが届いておりましたので、ご紹介していきたいと思います。

——————————————————————————————————————–

約1年程前より、左手の指・肘に痛みを感じ、原因が分からないまま、ようやく8月22日に頚椎へルニア(5番、6番)である事が判明しました。

医師の見解として、麻痺がない場合、手術はあまりしない方が良いという考えがあるらしく、現在、痛み止め(リリカカプセル)を1日1回夜の処方で耐えている状況です。

朝起きてから半日程度は比較的調子はいいのですが、デスクワークが主で午後あたりから、背中の凝りと左手の痺れが強くなっていきます。

特に片道40kmの自動車通勤にて帰りの運転時が一番苦痛です。最近は右手、足の指先にも時々、刺すような痛みが出るようなっています。

毎日夜にストレッチを実践し、多少改善はされていると思いますが、まだ、大幅に改善したという実感はありません。

根本的なご相談なんですが、頚椎ヘルニアはやはり自然療法では治らないのでしょうか?

ストレッチにて改善されたとしても、ある程度の痛みとは付き合っていくしかないのでしょうか?もし、手術を選択する場合、判断基準などはありますか?

ご返信をお待ちしておりますので、よろしくお願いします。

——————————————————————————————————————–

お問合せをいただき、ありがとうございます。まず、片道40キロの自転車通勤は少し控えて頂いた方が良いと思います。

この自転車通勤が頚椎ヘルニアの治りを遅くしてしまっていることは目にとって分かります。

そして、次に手術は絶対に選択されないようにしてください。理由は当サイトでも何度もお伝えしておりますが、ほぼ100%の確率で再発を起こす可能性があるからです。

そして、薬もできるだけ控えるようにしてください。薬をいくら飲んでも、頚椎ヘルニアが改善することはありません。薬はあくまで痛みを抑えるだけのものです。

また、頚椎ヘルニアは自然療法では難しいのかというご質問ですが、そんなことはありません。自然療法でも十分に改善することができます。

まず、やっていただきたいことは、自転車通勤を症状が改善されるまで控えていただくこと、お伝えしたストレッチを続けていただき、それと同時に頚椎周りの筋力強化を図っていただくこと。

そして、薬を飲むことを出来るだけ止めて、手術は絶対に選択しないで欲しいことです。こちらでアドバイスできることは以上になります。

メールで症状をお伺いする限り、今お伝えした方法をしっかりと取り組んでいただければ、十分に改善できると思いますので、実践されてみてください。

また、何がございましたら、いつでもご連絡ください。よろしくお願い致します。

いかがでしたでしょうか?本日のアドバイスはあなたのお役にも立てたでしょうか?それでは、また次回、よろしくお願い致します。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらの治療法をお試しください。
« 前ページへ次ページへ »