TOP > 治療方法 > 漢方薬

漢方薬



西洋医学では、頚椎ヘルニアの原因を神経圧迫と考えます。椎間板が衝撃を受けることで、中にある髄核という物質が飛び出し、それが神経を圧迫することで、しびれや痛みなどが起こるというのが、西洋医学の考え方です。

また、これに対して東洋医学では、淤血、おけつが頚椎ヘルニアの原因であると考えます。この淤血とは、血液の粘度が高まってその流れが悪化している状態を言います。

血行が悪化してくると、新鮮な酸素や栄養も不足してきます。また、細胞も正常な働きを阻害されて様々な病気が起こる可能性が高まります。

そして、このことが頚椎ヘルニアの原因となり、しびれや痛みなどが起こる、という考え方が東洋医学の基本となります。また特に、頚椎ヘルニアが長期化すると、血行も澱んでしまい、本来の血液の作用も大きく失われます。

東洋医学では、新鮮な血液が流れるように血流を促しますが、このためにはまず淤血が起こるような体質を改善することが大切です。

またこのための漢方薬としては、冠元顆粒、独歩丸などが一般的ですが、自分の頚椎ヘルニアの症状を処方医に相談して、最適なものを選択、調合してもらう方法が適切です。

漢方薬は頚椎ヘルニアの根本治療とまではいきませんが、痛みを取り去る作用がかなり高くなるケースは多いです。また鎮痛剤や降圧剤、ブロック注射ではなかなか改善しないという場合でも、一時的ではありますが、効果があったというケースも多くあります。

また、漢方薬は大きな病気がない場合でも健康維持のために用いている方が多くいらっしゃいますが、大きな病気でも効果が高かった、という方もいらっしゃいます。

また病院ではなかなかそこまでは気付きませんので、普段から漢方薬のことについてよく知っておくことも大切です。

誰にでも高い効果がある、というわけにはいきませんが、病院、あるいは整体やカイロプラクティックの効果もなし、という場合は、可能性が大きいとも言えます。

また西洋医学で処方される薬剤と併用する場合は、薬剤師などに積極的に相談するのがお薦めです。

頚椎ヘルニアの症状によっては、使用する漢方薬も違ってきますし、もしも効果が逆になってしまったら大変です。このようなことがないように、必ず薬剤師の指導のもと服用するようにしてください。

頚椎ヘルニア