TOP > 治療方法 > 鍼灸について

鍼灸について



頚椎の椎間板が飛び出すと、神経や脊髄などを圧迫するため、手などに痺れが起こります。また首や肩の筋肉が硬くなって、慢性の痛みも出てきます。

その他の症状としては、脱力を感じることも多く、脊髄を圧迫した場合、歩行障害や膀胱、直腸障害になることもあります。

頚椎ヘルニアと断定するには、病院などでMRI検査を受けます。また、頚椎ヘルニアと診断された場合、まずは保存療法から試行していき、薬物投与や牽引、ブロック注射などで痛みを軽減させていきます。

また牽引では気を付けないと大きく症状が変わることがあります。牽引はある意味ストレッチのようなものですが、頚椎ヘルニアでの痛みやしびれは、首や肩の筋肉の硬さが原因となっている場合があり、このような場合、ストレッチなどが有効だと言えます。

また、頚椎ヘルニアを改善する上で鍼灸がありますが、鍼灸でも首や肩、背中などの硬くなっている部位を柔らかくするように施術をします。

しかし、鍼灸は頚椎ヘルニアやむち打ち症などの疾患には当てはめるのは難しいと言われ、完治する割合も低く、また再発の可能性も高いと言えます。

また、延髄に対する刺針事故なども多く起こっていますが、肩や背中などにハリを打つことで大分楽になる例は多くあります。

痛みを起こしている部位、トリガーポイントを集中的に施術し、また後ろ側だけではなく前のほうにも原因があったり、鎖骨の周囲に原因がある場合もあります。

鍼灸院も様々ありますので、もし受けたいのであれば、できるだけ技術の高い、頚椎の疾患の症例の多いところを選ぶのが適切です。また清潔かどうかも要チェックです。

もちろん全ての頚椎ヘルニアのケースが適応できるわけではありません。場合によっては手術が必要な場合もあります。まずは検査を受け、専門家に適切なアドバイスを受けることが肝心です。

その時点で、鍼灸でも可能となれば、より早期の回復を目指して治療を平行させることができますので、痛み止めや血行改善薬などを処方してもらい、無理に焦らないようにすることも大切です。

頚椎ヘルニア