TOP > 治療方法 > 治療法について

治療法について



病院などで、「頚椎ヘルニア」と診断されれば、多くの場合、改善方法について考えるでしょう。しかし、この病の症状は、手足のしびれや麻痺など、日常生活に大きな影響を及ぼすのが特徴的です。

そのため、具体的にどのようにすればいいのかと、悩んでいる方は大勢いらっしゃると思います。頚椎ヘルニアを改善させる方法には様々なものがありまが、脊髄、神経根のどちらが障害を受けているかで、治し方も異なっていきます。

脊髄が障害を受けている場合では、手足のしびれや麻痺などが進行していて、さらにレントゲンなどを用いた検査でも脊髄が圧迫されていたり、浮腫などのダメージが認められれば、早急に手術を検討することになります。

その手術方法に関しても二通りあり、「前方術」と「後方術」の二種類が存在します。「前方術」では、椎体および椎間板組織を削り取ることで、ヘルニアを摘出します。その後、削って開いた空間に骨盤などから採取した骨を移植します。

「後方術」は、後ろから脊柱管と呼ばれる部位を拡大してやることで脊髄の圧迫を和らげる方法です。また、近年では外部に露出した髄核は、ある程度の時間経過とともに、吸収あるいは消失する可能性があると考えられるようになってきています。

そのため、近年では頚椎ヘルニアの手術は出来る限り避ける方向性となってきています。また、医師も手術は大きなリスクがあることを知っているため、あまり進んで薦めてくることは少ないかと思います。

そのため、症状に大きな変化が見られない場合は、保存的療法を行い、経過観察を行う場合も増えてきています。また、神経根症状の場合には、主に先に述べた保存的療法が採用されます。

また、頚椎カラーを用いて頚部を安静状態に置き、薬物療法を行なっていくことになります。しかし、今までお伝えした保存的療法や手術では、頚椎ヘルニアの根本的解決にはならないことが多いのが現状です。

頚椎ヘルニアを根本から完治させるには運動療法による、ストレッチトレーニングが必要となってきます。頚椎ヘルニアは外傷性のものを除けば、体のバランスが崩れてしまうことにより、発症することがほとんどです。

そのため、体のバランスをしっかりと整えるストレッチなどを行い、体のアンバランスを矯正した後で、頚椎周りに筋力のコルセットをつけていくようにします。そうすれば、手術や保存療法などをしなくても、頚椎ヘルニアを完治させた例は多くあります。

無理に手術や薬などを飲まなくても、このように根本から完治させる方法もありますので、焦らず自分の症状をしっかりと見極めていくことが大事になってきます。

頚椎ヘルニア