TOP > 病院・名医・手術

病院・名医・手術

頚椎ヘルニアの対策について


頚椎ヘルニアという病気をあなたはご存知でしょうか。椎間板ヘルニアという名前は聞いたことがある人も多いと思いますが、実際にどのような病気なのかというのは知らない人も多いと思います。

椎間板というのは人間の骨の一部で椎骨と呼ばれる骨が重なりあっているのです。これを椎間板と呼ぶのですが、その椎間板の一部の骨核と呼ばれるクッションの役割を果たしている部分が何らかの原因ではみ出してしまいそれが神経にあたって様々な症状を引き起こしてしまうのがこの椎間板ヘルニアと呼ばれる病気なのです。

椎間板ヘルニアは部位によって症状が変わってきます。よくスポーツ選手などがなる椎間板ヘルニアというのは腰椎で起こりやすくこの場合は腰の痛みや足のしびれといった症状になります。そして、頚椎ヘルニアの場合は首で起こり高齢者の方ならば誰でもなる病気になっているのです。

さらに、症状も腰椎ヘルニアと違い、首の痛みや肩こり、手足のしびれといった様々な症状を引き起こしてしまうのです。ではこの頚椎ヘルニアになってしまったときにはどうすればいいのでしょうか。

頚椎ヘルニアの疑いがある場合にはまずは病院でMRI検査を受けてください。レントゲンではわからないので、MRIでなければなりません。そして、頚椎ヘルニアは主に保存療法がとられます。ほとんどの場合が安静にしながら血行をよくする湿布薬や神経ブロックなどを使って治していくのです。

頚椎ヘルニアの特徴として一度治っても再発してしまう可能性があるということです。そこで、頚椎ヘルニアの対策として血行をよくするストレッチを行うということが重要なのです。血行をよくすれば予防することができるのです。そのためのストレッチ方法というのが今では確立されているのでぜひやってみてください。