TOP > 病院・名医・手術 > 術後について

術後について



頚椎ヘルニアを改善するには人によって手術を選択する必要がある場合もあります。痛みや痺れは引いて症状は見られなくなります。また、成功率は医療技術の進歩と共に年々高くなっており、現在では80%以上にまで上がっているようです。

しかし、「病院側から見る成功率」は高くても、「患者側から見る成功率」が高くなるとは限りません。「病院側から見る成功率」はあくまでも、手術が成功したかどうかだけを見るからです。当然それだけでは意味がありません。

手術をするということは再発の危険性が高まるということなのです。再発しないようにどう取り組んでいくかが重要になってきます。それによって「患者側から見る成功率」も高まるのではないかと思います。

治療によって椎間板自体が薄くなってしまい、術前に比べて傷つきやすく、圧迫されやすくなってきます。その為、術前よりケアをしっかりと行っていかなければなりません。

出来るだけ椎間板を圧迫しないように心掛け、同じ姿勢を長時間取ることを避けたり、整体などでマッサージをしてもらったり、軽いストレッチを時間のある時にやってみたりするなど、方法は沢山あります。

いかにして頚椎の負担を軽減してあげるかが、大事になってきます。「患者側から見る成功率」を上げるには、日々の生活の中でどれだけ頚椎に気配りが出来ているかだと思います。

再発を防ぐためにも、より気を付けて、日々の生活を送るように心がけましょう。ですが、手術はしないことが一番です。しかし、そうも言ってられない状況になってしまうこともあります。頚椎ヘルニアとどう接するかが、本当の勝負だと言えるかもしれません。

頚椎ヘルニア