TOP > 病院・名医・手術 > 病院について

病院について



頚椎ヘルニアを改善していく上で、医師にかかることは必要不可欠です。自宅でいくら安静を保っていて、牽引やストレッチなどのリハビリをしても、専門医に診てもらわなければ、早期回復は見込めません。

それどころか、自宅でのリハビリが正しく行われていなければ、逆に悪化させてしまう可能性もあります。自宅で行っているリハビリの方法が正しいかどうか確かめる為にも、専門医、もしくは理学療法士に確認する必要があります。

初診では、まずはMRIやレントゲンによって異常を見つけ出し、その後は、保存療法などが主な治療法になるかと思います。投薬治療や牽引、注射やマッサージ、リハビリなどの治療が受けられます。中には、低周波療法などの理学療法を取り入れているところもあります。

作業療法士の方がいる場合もあるので、そこで正しいリハビリの方法を学ぶのがベストだと思います。鍼灸、整体の治療などは、医師に一度相談をしてから受けるようにした方が良いでしょう。

この病は保存療法で完治するという方がほとんどですが、中には排尿障害等まで発展してしまうケースもあります。このような重度の症状になってしまったら、手術も選択の一つとして考えることが必要になってきます。

最近では、手術のリスクが低く、日帰りが可能なレーザー治療などがあります。しかし、実際に手術に至るケースは稀です。頚椎ヘルニアは、しっかりと治療を行っていれば、十分に改善することが可能です。

また、手術後の再発率は実に90%を超えていますので、選択肢としては優先順位を下げ、まずはそれ以外の方法を実行するのが良いかもしれません。医者も頚椎ヘルニアの手術にはあまり積極的ではありません。

何故なら、頚椎の周りには身体を司る重要な神経がたくさん通っているからです。誤って、神経を傷つけてしまった場合には、寝たきりや車椅子生活になってしまう可能性も十分にあるため、医師もあまり手を出したがらないのです。

手術をするしかない、というような酷い状態になる前に、しっかりと相談できる医師と出会い、納得のいく治療が出来るように、インターネットや口コミなどの評判を調べ、自分に合ったところを探すことが、1日も早く改善させる近道かと思います。

頚椎ヘルニア