TOP > 病院・名医・手術 > 画像について

画像について


頚椎ヘルニアと似た病気は割と多くあります。変形性頚椎症、頚椎後縦靭帯骨化症というのは症状が非常に似ています。初期症状だけ見ると、五十肩とも似ています。頚椎ヘルニアは椎間板の亀裂から椎間板の中身が飛び出して脊髄神経を圧迫するといったものです。

それに対し、変形性頚椎症は椎間板の老化現象によって椎間板自体が狭くなり、骨棘が神経を圧迫するといったものです。また、頚椎後縦靭帯骨化症は、後方の後縦靭帯が老化によって硬くなって骨化し、分厚くなってやはり脊髄を圧迫します。

いずれも、老化によって引き起こされる点や脊髄神経を圧迫するという点では似ています。これらは、素人では判断するのはとても難しいものです。その場合、まずは自分の症状はどこからきているかをしっかりと知ることが必要になってきます。

その為にはまず、整形外科などを受診してレントゲンかMRIによって患部の撮影をしてもらうようにしましょう。その結果を見ることによって似ていると思われる病気も、はっきりと別のものだということが分かります。

これを見ることによって、どの箇所の椎間板が飛び出しているか分かります。また、飛び出し方も箇所もはっきりと分かるので、進行具合も分かります。

レントゲン・MRIによって撮影してもらい、良く見た上で医師の説明を受けるのが初診ではとても重要なことです。自分の頚椎の状態はどうなっているのか、それを知ることが治療を行っていく上でのスタートとなります。

主な治療法としては、保存療法や運動療法などがあります。医師の診断を受け、自分の症状をしっかりと見極めた上で、自分に合った治療法を見つけていき、1日も早い改善を目指していってください。
頚椎ヘルニア