TOP > 病院・名医・手術 > 牽引について

牽引について



頚椎ヘルニアの治療では保存療法が主に行われますが、整形外科などでは牽引がよく行われます。主に牽引が行われるのは、頚椎ヘルニアや頚椎症、腰椎では腰のヘルニアや脊柱管狭窄症、また骨折などの際に、局所の安静・整復などの為に行われます。

引っ張るというと、首や腰を吊るといった感じにイメージされる方もいるかもしれませんが、決して怖いものではありません。荷重をかけて、周囲の筋肉の緊張を取り、和らげて緊張をほぐしていくものです。

また最近では、自宅で気軽にできるものが市販で販売されています。しかし、自宅で行うことは出来るだけ避けた方が懸命です。その理由としては、間違ったやり方をしてしまうと、症状が悪化する可能性があるからです。

やり方には主に2通りあります。自重に合わせて15~20分に渡って断続的に続ける方法と、弱い力で長時間行っていく方法があります。体格や痛み具合によって、どちらの方法を取るか判断されます。

このやり方は症状を和らげる有効な方法の一つであることに間違いはないのですが、効果は非常に個人差があります。その為、頚椎ヘルニアの痛みを緩和していく効果があると言われていますが、人によっては症状が返って悪化してしまったなどという人もいます。

その為、牽引を行う際は医師と一度しっかりと相談した上で、試してみるという方が好ましいと言えます。もし、痛みなどをすぐに感じたら止めるようにしてください。

良く、痛みを我慢して続けてしまう方がいますが、これは返って逆効果になってしまい、症状を悪化させてしまう原因になります。頚椎はとても敏感な部分ですので、痛みや違和感を感じたら、すぐに治療を止め、別の保存療法を試されることをお薦め致します。

頚椎ヘルニア