TOP > 頚椎ヘルニア > 原因について

原因について



頚椎ヘルニアとは椎間板が縦のストレスや反るストレスにより圧迫を受け、椎間板の中に入っているゼリー状の髄核という物質が飛び出し、神経が圧迫されてしまう症状を言います。それにより、首や肩だけでなく身体全体にまで症状が現れ、神経障害にまで発展することがあります。

では、頚椎ヘルニアというものは何故起こるのでしょうか?一般的な原因としては、加齢による椎間板の衰えや首に負担のかかる姿勢での長時間の作業、交通事故や過度のスポーツによる椎間板ヘルニアへの損傷といったものがあります。

椎間板の衰えは20代後半から始まるとも言われ、中高年の病気という認識は正しくありません。また、首に負担のかかる姿勢での長時間作業は第一にデスクワークが挙げられます。

近年はデスクワークが多くなってきているので、これからも患者が増加することが予想されます。また、首に負担のかかる姿勢というのはデスクワーク以外にも色々とありますが、その中でも代表的なのは猫背です。

人間は正しい姿勢を保つためにS字カーブを描かなくてはなりません。しかし、猫背のように常に背中が曲がった状態で過ごしていると、必然的に首に負担がかかり、どうしても圧迫されてしまいます。

首に負担のかからない姿勢を出来るだけ心掛けるようにして、日頃から猫背にならないように気を付ける意識が必要です。また、よく首を鳴らすという行為をする方がいますが、これも当然良くありません。

上記のような原因によって引き起こされてしまうと、頚椎という場所がとてもデリケートな場所だけに症状としても、とても辛いものがあります。酷い方になると、夜も眠れないほどの痛みと神経症状が現れます。

具体的に言うと、お茶碗やお箸が持てなくなったり、日常生活に常に影響が出るようになります。このような状態になると手術を検討することになりますが、頚椎ヘルニアの手術は大変危険なリスクが伴います。

頚椎周辺には脳幹から下りてきている、人が生きていく上でとても重要な神経がたくさん通っています。この神経を手術によって少しでも傷つけてしまうことがあると、体に麻痺が残るなど様々な障害が起きてきます。

もちろん、そのようなことがないように執刀する医師も最新の技術によって、手術を行っているとは思いますが、過去の例をみても、やはり手術は大変危険ですし、あまりお薦めできるものではありませんので、頚椎ヘルニアを改善するには、運動療法や自然治癒力を生かした治療法が良いと考えます。

また、頚椎の異常はレントゲンやMRIを使って発見しますが、まずは、早期発見の為にどのような症状なのかよく知り、知識を入れた上で病院に通うことをお薦めします。病状をきちんと把握した上で、医師と話し合えるのなら通院はより効果的なものになるかと思います。

頚椎ヘルニア