TOP > 頚椎ヘルニア > めまいについて

めまいについて



初期は肩や首回りに違和感を覚え始め、次第に痛みやしびれに変わってくるといったものです。五十肩の症状に非常に似ている面があります。しかし、頚椎という部分は非常にデリケートな部分である為、次第に痛む範囲・痺れる範囲は広がっていきます。

頭に近い部分にあるので、頭痛やめまいといった症状も引き起こします。他にも吐き気・立ちくらみ・目の充血・目がかすむなどといったものが挙げられます。

頭痛やめまいを高頻度で感じるようになると、病状も割と進行していると見て間違いは無いでしょう。めまいまで起きると、さすがに不安になってくるのではないかと思います。

その為にも、早期発見が必要になってきます。早期発見、早期治療が出来ないと手術でしか完治が見込めないという状況にまで発展してしまいます。

手術をした場合と保存療法で治した場合と比べると、手術を行った方が再発のリスクは非常に高いものになります。一度、再発してしまうと、体質的にも再発しやすい身体になってしまいますし、頭痛やめまいといった症状も再び現れます。

その為にも、やはり早期発見はとても大事なことなのです。頚椎は、首の骨であり、七つの骨が連なっています。その骨と骨の間には椎間板というクッションの役割を担う髄核という物質が挟まっています。

椎間板が損傷・圧迫を受けることによって、髄核が外に飛び出してしまい、脊髄神経を圧迫するというものです。身体全体から見てみれば本当に小さなことでしょう。

しかし、そんな小さなものが少し傷ついて飛び出し、脊髄神経に少し触れてしまうだけで、頭痛やめまいにまで発展してしまうのです。とても小さなことでなかなか分からないことだからこそ、余計に早く見つけてあげることが必要なのです。

また、症状が進行していくと、日常生活にも大きく影響を及ぼします。頚椎のどの部分が圧迫されるかによりますが、症状が進行してくるとほとんどの場合、どちらかの腕にしびれなどが現れます。

また、しびれだけでなく、腕の感覚が鈍くなってくることもあります。そうなると、お茶碗やお箸を持つことが出来なくなったり、洋服のボタンを留めることが出来なくなってしまいます。

ここまで症状が進むと、日常生活どころか仕事も出来なくなってしまいます。ですので、頚椎ヘルニアは甘くみるのではなく、症状が軽いうちに出来るだけ早く治しておくことが大事なのです。

もし、今現在、頚椎ヘルニアをお持ちで、そこまで酷い症状でないのであれば、早期治療をして1日も早く改善する努力をするようにしてください。頚椎ヘルニアは甘く見ていると取り返しのつかないことになってしまうこともありますので、注意が必要です。

頚椎ヘルニア