TOP > メニュー

メニュー

頚椎椎間板ヘルニアの病気と対策について


高年齢になってくると病気になりやすいのは仕方ないのですが、やはりできるだけ病気にはなりたくないと思っている人がほとんどだと思います。病気にならないためにはしっかりと対策をしていなかなければなりません。

中でもしっかりと対策をしたい病気の一つに頚椎椎間板ヘルニアがあります。頚椎椎間板ヘルニアというのは、40代で発症しやすいと言われており、一度発症するととても厄介な病気になります。

頚椎椎間板ヘルニアは、手術をしても必ず治るという病気ではなく、何度も再発する可能性がある病気です。ですので、しっかりと予防対策をしておかなければなりません。では、この頚椎椎間板ヘルニアというのは一体どのような病気なのでしょうか。

頚椎椎間板ヘルニアというのは頚椎で起こる病気です。頚椎には椎骨と呼ばれる骨が重なっていて、その間に椎間板と呼ばれるものがあります。これはクッションの役割をしていて負担などを抑えてくれるのです。

しかし、この椎間板が何らかの形で飛び出してしまうのが頚椎椎間板ヘルニアと呼ばれるものです。椎間板の周りには多くの神経が束になっている神経根と呼ばれているものがあり、飛び出してしまうとこの神経根を圧迫してしまうのです。

その結果、手足のしびれや腰の痛み、肩の痛みなどといった様々な症状があらわれてくるのです。対策方法としてはまず、枕などをしっかりとしたものに変えるというものがあります。

首の負担などが原因となって起こることが多いので、枕を変え首の負担を減らすことで、対策を施していきます。他にも自宅でできるような簡単なストレッチを行うだけでも十分な対策になります。

このようなストレッチなどの方法は、インターネットなどを使えばやり方が掲載されているので、色々なサイトを見て参考にして行ってみてください。このように頚椎椎間板ヘルニアを防ぐ対策方法というのは意外と多くありますので、ぜひ試して頂ければと思います。