TOP > 治療方法

治療方法

頚椎椎間板ヘルニアは安静にしていれば治すことが可能なのか?

頚椎椎間板ヘルニアを悪化させない為には当然治療が必要になりますが、そもそも頚椎椎間板ヘルニアで、これをすれば治るといった完璧なものは見つけられていないでしょう。しかし、有効であろうという方法は色々と紹介されているのを見かけます。それらの紹介されているものを試すのも良いですが、それが正しい方法なのかはかかりつけの医師に相談しておくと安心です。

頚椎椎間板ヘルニアは首回りを鍛えることも必要な事です。病気はどれも安静にしているのがベストな対応というわけではないのです。頚椎椎間板ヘルニアの原因には首周りが衰えているがために起こる事もあると思います。ですので、いつまでも安静にしているだけでなく、首回りに負担をかけないように体操などを鍛えていく事が大切になると思います。

しかし、病状が良くない場合に軽い体操などの保存療法をする事は、病状を悪化させてしまう原因になってしまうと思います。動く事も大切ですが、その場合、安静にする事も当然必要になってきます。頚椎椎間板ヘルニアはいつも常に痛みやしびれを感じているわけではないですが、状態が酷い場合には強い痛みなどを感じてしまうと思います。

こういった明らかに症状が酷い場合などには下手に動かずに安静にしておく事が良いと思います。首にかかる負担やストレスを減らす様に配慮して安静にし、比較的症状が弱い日に治療を始めるといったように、頚椎椎間板ヘルニアの症状と照らし合わせていきたいものです。

いつも安静にしている事は悪い事ではないかと思いますが、それで病状が良くなったとしても、結局、首回りの強度は弱いままなので再発の恐れが出てくると思います。治療は現在の病気を良くする為にも必要ですが、今後ぶり返さないためにもあらかじめ対応しておく事にも必要になると思います。再発する事は生活に支障を与える事が繰り返される事になりますので、しっかり完治出来るように安静に進めていきたいものと思います。