TOP > 治療方法 > 治療について

治療について



頚椎椎間板ヘルニアは、比較的軽い症状の場合は、頚部安静や薬物療法が主な治療となります。特に頚部の安静は頚椎椎間板ヘルニアではとても大事です。自然治癒の効果を最大限に高めておくことによって、その後の治療経過の効果もアップしてきます。

安静は頚椎椎間板ヘルニアの痛みを緩和させます。そして、神経の起こす様々な反応を沈静化することもできます。しかし、いつまでも安静にしていると、頚椎周りの筋力が低下し、症状が悪化することがありますので注意が必要です。

薬物療法では、鎮静と消炎の働きをもたらす非ステロイド系抗炎症剤、筋肉の異常な緊張をとくための筋弛緩剤、手足のシビレや麻痺に効果のあるビタミンB剤、精神を安定させるための抗不安剤などが主な処方です。

より、頚椎椎間板ヘルニアの痛みが強い場合、急性期などでは、ブロック注射を用いることも多くなります。ブロック注射は整形外科やペインクリニックではよく用いられます。

痛みの原因となる部位に直接注射するものが多く、痛みの伝達をブロックし、またそれにプラスした効果を期待します。主には局所麻酔剤を注射しますが、抗炎症剤を加えることもあります。

しかし、ブロック注射の効果は一時的なものということを理解しておいてください。ブロック注射とは神経の伝達回路を切って、一時的に痛みを抑えるだけの麻酔です。麻酔が切れれば痛みはぶり返します。

よく、ブロック注射を打てば、頚椎椎間板ヘルニアが改善すると勘違いされる方がいますが、ブロック注射では治ることはないということを知っておいてください。

また、頚椎椎間板ヘルニアの痛みの大きい時期に牽引をすると、返って症状を悪化させてしまうことが多いですが、痛みが軽減した後にはよく用いられる治療法です。

頚椎椎間板ヘルニアの症状が慢性期に入って痛みも緩和されてくれば、リハビリを積極的に行っていきます。温熱療法はマイクロウエーブによって局所の血行改善をし、筋肉の緊張を取り除いて痛みを緩和させていきます。

また、頚部のストレッチングを行って、硬くなった筋肉をほぐし、衰えた筋力を強化するトレーニングをして日常生活での支障を軽減します。頚椎椎間板ヘルニアの症状が長引いたり、悪化する傾向を示した場合、画像診断を用いて重症度を診断し、必要であれば手術をします。

手術はMD法などが主に用いられ、頚部の顕微鏡下で椎間板と共に神経や脊髄を圧迫しているヘルニアを取り除きます。

また、椎間板の摘出部位にセラミック等を移植して固定します。術後は2、3日もすれば歩行出来るようになることが多く、また生活に戻るまでには回復が順調であれば、2週間ほどで退院できる場合もあります。

しかし、手術は頚椎椎間板ヘルニアを9割近い確率で再発するリスクがありますのでお薦め出来ません。頚椎椎間板ヘルニアを根本から改善するには、運動療法などで、体のバランスを整え、頚椎周りに筋力をつけていくことがお薦めの方法です。

頚椎ヘルニアについて