TOP > 頚椎椎間板ヘルニア > 原因について

原因について



頚椎椎間板ヘルニアは腰とほぼ同じように、縦のストレスや首を反ったときのストレスなどで、起こる場合が多いですが、頚椎に直接的な原因がある場合があります。

まず椎間板という部位は、人間の体の中で最も早く老化を始める部位の1つと言われています。老化によって椎間板内の水分が減っていくと、弾力性が欠けていきます。

このことで首の衝撃を守る力も減っていきますので、ちょっとした事故などによって、頚椎を支えることが出来なくなり、髄核が外へ飛び出しまし、痛みや痺れの症状が出ることも多くなります。

また、骨が弱い方は特に気をつけなければなりません。骨粗鬆症の状態では、骨そのものが骨折する可能性も高くなりますが、椎間板への影響も大きくなってきます。

ちょっとした事故でも頚椎椎間板ヘルニアになりやすいのがこの病気の特徴と言えます。腰椎では多少の怪我や事故などではなりにくいものです。

ムチ打ち症も直接の原因とはならずとも、遠因となることが多くありますので、よく寝違える、と言う方は要注意です。

頚椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれなどの原因となるのは、神経圧迫です。脊髄中枢神経を圧迫してしまう事で、痛みやしびれが起こります。また、頚椎神経への圧迫が起きる場合もあります。

髄核が椎間板から飛び出すと、その飛び出した方向によって神経根を圧迫したり、脊髄を圧迫したりして、首や肩がひどく凝ったり、腕や足、腰部にも痺れが出たり、また、酷くなると麻痺や排尿障害なども起こる可能性が高くなります。

しかし、高齢者の方でも、頚椎椎間板ヘルニアにならないという方は多くいらっしゃいます。発症しない方もいれば、発症する方もいます。

この差は頚椎周りの筋力にあります。姿勢が悪かったり、日頃から運動不足の方は筋力が弱く、頚椎椎間板ヘルニアを最も発症しやすいと言えます。

それとは逆に、常日頃から姿勢に気を付けていたり、適度に運動している方は、頚椎周りの筋力がしっかりとしているため、頚椎椎間板ヘルニアになりにくいと言えます。

症状を改善するにも、頚椎周りの筋力強化は必要になってきますので、日頃運動をされていない方や、頚椎の筋力に自信のない方は、積極的に頚椎の筋力をトレーニングすることをお勧めします。

また定期的に、出来れば毎日姿勢などをチェックし、また、散歩だけでもいいので、一定時間の筋力トレーニングを意識して行えば、症状発症のリスクはかなり低くなると思います。

このように日頃から、体に対して少し気を使うだけで、自分自身の力で予防することができますので、ぜひ、体のメンテナンスを行うように心掛けてください。

頚椎ヘルニアについて