TOP > 頚椎椎間板ヘルニア > めまいについて

めまいについて



頚椎椎間板ヘルニアになると、主に頚部と頭部の間で血液の流れが阻害されることによって、耳鳴り、難聴などの症状を招くことがあります。また、咄嗟にめまいが襲ってくると、生活にも支障が出て、場合によっては、とても危険なこともあります。

そして、立ちくらみが起きることもありますので、このような症状が出ている方は早めの治療が必要になります。立ちくらみは脳の血流の不足が原因ですが、その主な原因は自律神経の失調によるものですので、意識の中枢への血流不足を改善するような治療をすることが大切です。

有酸素運動やストレッチなどで頚椎のバランスの改善、血流に良い食事を摂取することなどで、頚椎椎間板ヘルニアを改善することが可能になってきます。立ちくらみの他には体が一瞬ふらつくなどの症状も比較的顕著です。

三半規管と小脳に関連し、アルコール中毒時の神経反応の低下と同じように、フラフラと酩酊状態に見えたり、景色が周って見えたりすることもあります。このような症状をメニエール病と言いますが、自分では気付かない程度の眼振という症状によって起こります。

この場合も、眼球の調整をしている小脳が疲労したりすることから起こります。頚椎椎間板ヘルニアからくるめまいに効果のある治療法として、運動療法があります。運動療法では、ストレッチや牽引などにより上部頚椎の調整をして、脳を行き来する血流の流れを良くして治していきます。

しかしこれらの比較的軽い症状ではなく、小脳出血や、脳卒中、高血圧などの問題が絡んでいる場合もありますので、激しい頭痛や吐き気などの症状があまりにも起きる場合には、速やかに病院で検査を受けることが大切です。

頚椎椎間板ヘルニアの治療をしていくうちに、めまいが頻発してくるという場合は、まず治療方法を改善しなければならない場合も多くあります。特に様々な方法を試されている場合、整体、マッサージ、鍼灸、カイロプラクティックなど、等のケースでは注意が必要です。

特に気を付けて頂きたいのが、カイロプラクティックです。カイロプラクティックを受けた後、頚椎椎間板ヘルニアの症状が悪化してしまったという、事例が多く報告されています。また、カイロプラクティックに対する治療行為は、厚生労働省からも、医業類似行為として注意を促しています。

■厚生労働省 医業類似行為に対する取扱いについて
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/hourei/061115-1a.html

このようなことから、頚椎椎間板ヘルニアにおいて、カイロプラクティックはあまりお薦め出来ません。もし、頚椎椎間板ヘルニアの頭痛やめまいなどでお悩みなのであれば、他の方法で改善されることをお薦め致します。

頚椎椎間板ヘルニアのめまいなどを改善する方法として、ここでご紹介させていただくのは、中川式ストレッチです。中川式ストレッチを実践された多くの患者さんが頚椎椎間板ヘルニアを改善されていますので、一度試す価値はあると思います。

また、サイトなどをご覧いただくと、お客様の声などが動画で掲載されていますので、とても信頼性が高いと言えます。まだ、ご覧になられていない方は、中川式ストレッチのサイトを一度、拝見されることをお薦めしたいと思います。

頚椎ヘルニアについて