TOP > 病院・手術・名医 > 病院について

病院について



一般的な頚椎椎間板ヘルニアの主な治療場所は、整形外科になると思います。肩の痛みが酷い、腕が上がらない、手のしびれを感じるという場合は、問診や神経学テストなどを行い、MRIなどを用いて、画像検査をすることになります。

MRIで画像検査をすると、患部の圧迫を鮮明に写すことが出来ますので、頚椎椎間板ヘルニアの場合、椎間板が圧迫されていることがすぐ分かりますので、すぐに確定診断されます。

そして、病院で問診を受ける際に一番大事なのは、正直に自分の症状を伝えることです。間違ったことを伝えれば、違う病気を診断されてしまう可能性も否定できません。

まずは、腕の痛みやしびれなどの症状の部位、その範囲を正確に伝えることが必要です。また出来れば、手で部位を指して示すなどの工夫も大切です。その他には痛みの出る程度とそれらの出る条件を覚えておく必要もあります。

そして言葉で正確に伝えることで、正しく問診が成立します。頚椎椎間板ヘルニアが発症した時期、症状の経過についてはより的確に覚えておく必要があります。

医師による視診、触診もありますので、診やすいように姿勢を変えれば診断もスムーズになります。また、ハンマーなどによる反射テストや、知覚検査、脱力感の測定検査などもあります。

レントゲン検査やCT、MRIなどの画像検査では出来るだけ指示された体位を変化させないように我慢することが大切です。特にMRIの撮影は時間がかかり、狭い装置内でじっとしていなければなりませんので、しっかり準備しておくことが大切です。

また、閉所恐怖症の場合はMRIには不向きですので、予め問診の際に告げるようにすれば他の方法を検討してくれます。

このように病院での頚椎椎間板ヘルニアの治療は、その診断のときから患者さんとの高いレベルのリレーションシップが成立して初めて、上手く進行させることが出来るようになります。

頚椎椎間板ヘルニアの痛みがあるからといって、そのことだけを一方的に伝え、後は治療をお願いするばかり、というようなことにならないように、治療と向き合う姿勢を出すことが大切です。

しかし、病院で行われる一般的な治療では、頚椎椎間板ヘルニアが改善されることは難しいでしょう。主に病院で行われるものとしては、薬物治療や牽引、コルセットなどの装具療法などが挙げられます。

また、重度な症状の場合は、手術などを薦められることがありますが、再発率に至っては90%以上と言われていますので、あまりお薦め出来るものではありません。

また、牽引などでは症状を悪化させてしまう方も多く、この方法もあまりお薦め出来るものではありません。では、一体どうしたらいいのか。

正直なところ、病院に何年通ったとしても、頚椎椎間板ヘルニアを改善させることは出来ません。頚椎椎間板ヘルニアを完治させるには、圧迫を受けている神経を広げることと、崩れた体のバランスを整えること、そして、頚椎周りに筋力をつけることが必要です。

これを行うには、ストレッチがベストです。ストレッチを行うことによって、圧迫されている神経を広げ、崩れた体のバランスを整え、同時に頚椎周りに筋力をつけることが出来ます。

お薦めのストレッチはやはり、「中川式ストレッチ」になります。この方法で、多くの患者が頚椎椎間板ヘルニアを完治させていますので、興味のある方は下のボタンをクリックして、一度、確かめてみることをお薦め致します。

頚椎ヘルニアについて