TOP > 病院・手術・名医 > 手術について

手術について



腰部の椎間板ヘルニアの場合では、排尿障害や麻痺などが進行してくると、最終的に手術を検討することになりますが、頚椎椎間板ヘルニアでも、脊髄の麻痺が進行してきた場合、多くは手術を検討します。

また、頚椎椎間板ヘルニアの手術を行う際は、そのタイミングをより注意しなければなりません。放置する時間が長引けば、手術も難しくなり、回復不可能になる場合もあるからです。

頚椎椎間板ヘルニアでもっとも多く用いられる方法は、飛び出している髄核を切り取り、椎間板を固定する「固定術」という方法です。この術式は脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの手術にもよく用いられます。

またこの術式では、神経を圧迫している部分が神経よりも前のほうに見えるため、前方からの除圧と固定をします。また、比較的初期の症状の患者さんには除圧のみの場合もあります。

頚椎椎間板ヘルニアの固定術では、直接操作する部位が狭いため、顕微鏡下で行われます。除圧する場合、椎間板の一部ではなく、ほとんどを取り除く場合もあります。

この場合、椎間板が支えている上限の骨の連結がガクガクの状態になってしまうため、固定術を用います。病院や医師、または患者さんによっても、固定に用いる素材は違ってきますが、主にはチタンなどでできた人工の骨が用いられます。

固定する力は強めで、早期の復帰を目指すのにも適しています。骨盤からの移植などをする場合もありますが、時間もかかり、弱い骨の場合はあまり薦められません。

最近ではレーザーによる治療も多く用いられています。主なタイプはPLDDと呼ばれる、10分程度で終ってしまうものですが、メスを用いずにレーザーをファイバーで接続したデバイスを細い線に埋め込み、それを挿入する方法です。

このため出血がほとんどなく、侵襲性が低いというメリットがあります。10分程度で終わり、その後、1時間の安静で開放されるため、日帰りも可能です。

レーザの当て方などの医師の技術、そしてその設備などが最新である、という条件をクリアすれば、ほぼ不安もなく受けることができると思います。

しかし、レーザー治療は保険適用がされないため、治療費が高額なところがデメリットになります。およそ、1箇所につき約20万円程かかります。もし、ヘルニアが2箇所あれば、倍の金額がかかるということになります。

ですが、治療時間もわずかで、痛みもほとんどなく、日帰りで帰れるという点から、忙しいサラ―リマンや主婦などに人気の方法でもあります。しかし、どの方法を用いても、手術は再発リスクがあることだけは頭に入れおかなくてはなりません。

頚椎椎間板ヘルニア手術の再発率はおよそ80%以上とも言われており、場合によってはもっと高いこともあると言われています。これだけの治療費と時間をかけて行ったとしても、これだけ再発率が高いのであれば、受けようかどうか悩んでしまう方が多いのも事実です。

頚椎椎間板ヘルニアは手術をしなくても完治させることは十分に可能です。その具体的な方法は中川式治療法でご説明しています。

もし、興味のある方は下記のボタンをクリックして、一度サイトをご覧になってみてください。きっと、あなたの頚椎椎間板ヘルニアが改善される第一歩に繋がっていくと思います。

頚椎ヘルニアについて