TOP > 病院・手術・名医 > 名医について

名医について



頚椎椎間板ヘルニアで痛みを発症すると、とくに急性期では仕事や日常生活もできなくなることが多くなりますが、出来るだけ早く復帰したいという場合、頚椎椎間板ヘルニア治療の名医を探して診察を受ける方法を選ぶ方も多いようです。

また昔であれば時間もかかり、リスクも大きい切開術が、頚椎椎間板ヘルニアの主な手術法でしたが、現在ではレーザーや内視鏡などの進歩した方法によって、日帰りでの手術も出来るようになっています。

ですので、出来れば日帰りを希望する方も多いようです。東京都調布市にある西島脊椎クリニックの院長を務める、西島雄一郎ドクターは神の手とも呼ばれ、テレビ番組でも何度か紹介された先生です。

こちらではレーザー治療が主な施術方法で、数多くの頚椎椎間板ヘルニア患者さんが無事成功されて、社会復帰されているとのこと。例えば芸能人の方でもすぐれた技術に出会った、と早期の復帰ができた喜びとその技術に対する敬意を表す方も多いようです。

著書なども書かれているようですので、頚椎椎間板ヘルニアの手術するべきかどうか迷っている、という方にとってはかなり参考になると思います。

また、治療家で頚椎椎間板ヘルニア治療の名医と言えば、中川卓爾先生です。中川先生は30年間で延べ50万人以上の患者を救ってきました。また、頚椎椎間板ヘルニアで悩む患者だけでなく、腰痛や膝痛、首痛などで悩む方々も多く救ってきています。

その中でも、医者から見放されるような、重度な頚椎椎間板ヘルニアの患者さん、1000人以上を改善させてきた実績を持っており、自他共に認める名医と言えます。

しかし、このような先生方は、特に忙しく日々治療に追われている、といっていいと思います。つまり、そう簡単には診察をしてもらえません。予約待ちで何ヶ月も待たなければならなくなることも多くあるようです。

頚椎椎間板ヘルニアの名医は一人だけではありませんが、何人も予約を入れたところで、結果は同じことだった、というケースもあります。

この場合は、アクセスできる医師や病院の中で出来るだけ腕のいいターゲットを探すしかありません。頚椎椎間板ヘルニアをこじらせてしまっては、例えばレーザーでは不可能な状態になることも考えられます。

レーザーによる手術がだめであれば、内視鏡を選択することも復帰までの時間を短縮できます。内視鏡も高いレベルの技術を必要としますが、大きな病院の設備が整っているところであれば、失敗などの可能性もかなり少なくなると思います。

頚椎ヘルニアについて