TOP > 関連コンテンツ > 外傷性頚椎椎間板ヘルニア

外傷性頚椎椎間板ヘルニア



頚椎椎間板ヘルニアの多くは、交通事故や転倒など、外傷性の事象が原因となって発症する場合が比較的多い病気です。

車に同乗し、運転者が交通事故を起こしたために、ムチ打ちや捻挫などを起こすというケースが多いようですが、治療をしていくうちに痛みが強くなり、診察を受けたところ頚椎椎間板ヘルニアと分かった、という場合もあるようです。

事故やスポーツなどによる外傷性の頚椎椎間板ヘルニアでは、患部の近くに傷めた筋肉などがある場合も多く、その分痛みの範囲が大きくなったりして、治療も困難になることが常です。

特に痛みが大きい場合には、ブロック注射をして痛みを緩和させることを試行します。徐々に筋肉が治ってきても、ヘルニアは残りますが、効果的に治療をすれば、事故の影響による傷は完治し、通常の治療をすることが出来るようになります。

頚椎椎間板ヘルニアは早期の発見が早い改善への近道ですが、外傷性の頚椎椎間板ヘルニアではすでにヘルニアが大きく突出してしまった場合も多くあり、場合によっては早急に手術を検討する場合もあります。

またこの場合、手術を延期することもできず、充分な準備をせずに受けるという場合も多いと思います。交通事故にあった直後に頚椎椎間板ヘルニアになるというケースは稀です。ほとんどはムチ打ちなどが原因で姿勢を悪くしたり、筋肉が衰えることで発症すると言われています。

その他には元々、頚椎椎間板ヘルニアがあったにも関わらず、筋肉などで支えていたことにより発症しなかったが、外傷性の事故がきっかけで、痛みやしびれが引き起こされるケースも多くあります。

つまり事故の直後から治療を始めればまだ可能性は低いですが、軽いムチ打ちということで湿布などをしただけで普段通りの生活をしていた、という場合では予防は困難になってしまいます。

このように頚椎椎間板ヘルニアはどのようなタイミングで発症するか予測できないと言えます。常に早期の治療を心掛け、また普段からの姿勢の矯正や筋力トレーニング、ストレッチ運動をしておくことが大切です。

痛みが大きくなってきたから、というタイミングではすでに遅いかもしれない、ということが充分に言えると思います。頚椎椎間板ヘルニアは早期発見、早期治療が症状を改善させるポイントになってきます。

頚椎ヘルニアについて