TOP > メニュー

メニュー

頚椎ヘルニアと陸上競技の関係性にについて


陸上競技といえば、槍投げやハンマー投げ、短距離陸上や長距離陸上、幅跳びや高跳びなど、幅広い種目がありますが、この陸上競技をされている方が頚椎ヘルニアを発症する例は少なくありません。

また様々な陸上競技の中でも片方の腕だけに負担をかけがちな種目のほうが多く、槍投げやハンマー投げなどは特に発症率が高いと言われています。しかし走るだけの陸上競技なども、トレーニング法が悪かったりして首に疾患を持つ方は多くいらっしゃいます。

高校時代までは陸上をやっていたという方が、その後頚椎ヘルニアにかかってしまい、長期間悩んでしまうという例も少なくありません。当時のトレーニング方法に無駄が多かったり、怪我をしやすいトレーニング法を用いていたりすることも原因となる場合が多いようです。

このように大人になってから頚椎ヘルニアになってしまうことが多い陸上競技ですが、学生時代のスポーツは激しくても、徐々にスポーツする機会が減ってくると、だんだんとその時の負担が露呈してしまいます。特に若い頃は無理をしがちですので、この頃から十分にクールダウンをしておくことが大切です。

頚椎ヘルニアは首の椎間板が突出してしまう症状ですが、走るだけでも、頚椎の隙間はどんどん狭まってきます。また若いうちはまだ椎間板も老化していないと考えがちですが、椎間板は10代のころから実は老化が始まっているのです。

そのままハードなトレーニングを続けていると、頚椎ヘルニアにかかり、激痛に襲われ、ますます身体がなまって来てしまうのです。ヘルニアになるとなかなか治療は終わりません。痛みやしびれと上手に付き合っていかなければなりません。

手術をしてもヘルニアが再生されるわけではなく、首には負担が残る場合がほとんどです。またヘルニアではないようなまったく症状がない方でも、ヘルニアの初期症状を長い間抱えている場合も多くあります。常に首には負担をかけないようにし、日常的にケアしていくことが大切です。