TOP > 頚椎症 > 頚椎症とは

頚椎症とは


突然名前だけ言われても、どのような病気であるのか、一般の方にはイメージしにくいかと思います。この病気は主に首の痛み、手のしびれなどが代表的で、酷い状態になると、足にまでしびれが出る方がいます。また、この病気にはいくつかに分類することができます。

力仕事やスポーツ、姿勢不良など、日常生活によって積み重なってきた負荷や、加齢による椎間板の変性や破綻などによって、頚部に痛みや運動制限などが発生するもの。

また、神経の枝分かれ部分が圧迫されておこるシビレと痛み、筋力の低下や萎縮などの運動マヒが発生する、神経根症があります。その他に、脊髄症もあります。脊髄症は頚髄が障害された状態となります。

頚髄というのは、脳からの神経回路の集まりのことを指します。ここには、手足までの信号ケーブルと中継回路が集まっています。上方の脊髄においては、脳幹神経核として、めまいや嚥下障害が発生し、ケースによっては、呼吸マヒ等が発生し、死亡する可能性もあります。

では、それぞれについて見ていきたいと思います。まず、変形性では、重いものを持ったりなどの動作がきっかけとなって発生する肩こりや、首筋が張るなどします。

病状が慢性化していきますと、筋緊張の力は、首にかかるストレスを増加させていくために、頚部の変形を助長する悪循環に陥ってしまいます。

神経根症では、上を向くと痛みが発生する、左右どちらかに傾けると痛むなど、首周りの動作が変化します。また、頭を押さえると「椎間孔」と呼ばれる部位が上下に狭くなり痛みが発生します。

脊髄症は、肩まわりから手指にかけての上肢症状と、脊髄の中心部付近の臀部から足までの回路も圧迫された下肢症状が発生します。いわゆる「四肢マヒ」です。さらに、頚部自律神経も障害を受け、顔や目に障害を伴うケースもが存在します。

この病気はご説明した通り、いくつかの状態に分類することが出来ます。ご自身がどの病気に当てはまるのかを良く確認して、医師の診断を仰ぐことようにすると良いでしょう。

また、首には多くの神経が走っており、ほんの少しのきっかけで大変な事態を招くこともあります。ですので、何か違和感を感じたり、痛みや痺れなどを感じた場合、迷わずに専門機関で治療を受けるようにしてください。

頚椎症