TOP > 頚椎症 > 神経根症の治療

神経根症の治療


頚椎症性神経根症の症状としては、腕や手指のしびれが出ることが多くあります。痛みはちょっとピリッとくる軽めのものから、耐えられないような痛みまで、個人によって様々なケースがあります。

一般的に、神経根症は頚椎を後ろへ反らせると痛みが強まるため、上方向を見上げたりということを始め、身近なところではうがいをすることも不自由になる可能性があります。また、上肢の筋力の低下や、感覚の障害が生じるケースも少なからず存在します。

神経根症の原因としては、加齢などによる頚椎症(椎間板の膨隆・骨のとげの形成)の経年変化によって、脊髄から分かれて上肢へ向かう神経根が圧迫・刺激されて発生します。

また、長時間同じ体勢を続ける業務に従事していても神経根症が発生しやすくなることから、長時間、首を反らせていることも原因となることがあります。

診断の方針としましては、症状として、腕や手のしびれ・痛みが認められ、頚椎を後方へ反らせると痛みが増し、X線で頚椎症性の変化が認められることで診断されます。

MRIでは、神経根の圧迫を確認しにくいケースもありますが、骨棘による椎間孔の狭窄が認められる場合もあります。基本的にこの病気は自然に治癒していくことが多いです。

症状が出ないようにするために、頚椎を後方へ反らせないように気をつけ、適切な方向への牽引を行い、もし症状が強い場合には、消炎鎮痛薬の投薬が行われる場合もあります。

完治するまでには数か月以上かかることが多く、初期の激痛が続く時期以降は、気長に構えて治していくことになります。

また、筋力低下が著しいと認められる場合や、強い痛みが原因となって、仕事や日常生活に支障をきたしている場合には、早急な対応として、手術が選択される場合もあります。どのケースにおいても、専門の医師にかかり、適切な診断を受けることが、完治への近道となるかと思います。

頚椎症