TOP > ニュース/トッピクス > 頚椎ヘルニア関連ニュース > 頚椎ヘルニアの手術で佐々木健介が長期欠場!

頚椎ヘルニアの手術で佐々木健介が長期欠場!



「日本タレント名鑑」より引用

プロレスラーで恐妻家としても知られる、佐々木健介さんが頚椎ヘルニアの手術をするために、長期休業することが11日分かりました。

健介さんは以前から、何度も頚椎を痛めており、2008年と昨年のオフ中に頚椎ヘルニアの手術を2度していたそうです。

それでも、プロレス業を続けていたため、ダメージの蓄積で再び頚椎ヘルニアが悪化し、最近になって、両腕にしびれを感じ、10月4日と6日に2つの病院で精密検査を受け、いずれも担当医に手術を勧められたそうです。

その状態にも関わらず、10月7日に行われた、大阪の試合に出場したため、試合後、ついにドクターストップがかかり、手術を宣告され、その結果、長期休業ということになりました。

■6日に頚椎ヘルニアの痛みを抑えるため、注射を打つ健介さん(ブログより)
頚椎ヘルニアの注射1
健介オフィスのサイトや自身のブログでも、長期休業について発表されています。

プロレスラーにケガはつきものと言われていますが、健介さんは2006年には、左目を骨折しながら出場し、結果入院という経験もしています。その時の経験を踏まえ、今回の長期休業を決めたそうです。

健介さんは忍耐強く、怪我などをしてもめったに休まれないそうですが、今回、長期休業することを決めたには、2つの理由があるそうです。

1つ目が、「前回、怪我をしたときに万全に仕上げられなかった」という反省から。

そして2つ目が、「弟子の中嶋勝彦さん、宮原健斗さんの成長もあって、留守を任せられる」と判断できたからそうです。

とにかくしばらくは安静にして、治療に専念していくそうです。

ですが、健介さんは性格上、我慢をしてかなり無理をしてしまう方のようです。プロレスの怪我もそうですが、今年の24時間マラソンの時もそうです。

今年の24時間マラソンに佐々木ファミリーが走ったことはあなたもご存知かと思います。その時の第一走者は健介さん、第2走者は長男の健之介くん、第三走者は次男の誠之介くん、そして、第4走者は北斗晶さんでした。

スタートは神奈川県横須賀市神明町、久里浜駅近くのJVCケンウッドメーカー横須賀工場で、第一走者である健介さんの担当距離はおよそ60キロでした。

北斗晶さんは、足・膝への負担を出来るだけ減らすため、10キロ程体重を落として、本番に望んだそうですが、健介さんは、体重が110キロあるにも関わらず、プロレスをする筋力と走る筋力は違うようで、練習の時に思ったほど減量が出来ず本番に参加。

また、それだけでなく、昔痛めた腰と膝の爆弾を抱え込みながら、本番を向かえたそうです。そして、24時間マラソンが始まり、20キロ手前までは順調に走っていたのですが、20キロを超えた時点から、腰、膝の痛みが激しくなり、歩くのもままらない程になってしまいました。

しかし、走ることを諦めるわけにはいかないため、腰、膝の痛みを我慢しながら走った結果、途中、肉離れを起こしてしまいました。しかし、それでも休むことなく歩き続け、当初の予定より1時間程遅れてしまいましたが、第2走者の健之介に見事タスキを繋ぎました。

このような背景もあることから、今回は欠場を決断し、ゆっくりと休むと本人は言っていますが、無理は決してされないようにして頂きたいものです。とにかく今回は安静にしていただき、治療に専念してもらい、1日も早い復帰をしてもらえればと思います。


頚椎ヘルニア