TOP > その他・関連情報1 > 自然治癒とは

自然治癒とは



頚椎椎間板ヘルニアの治療法には、「手術」、「保存療法」の大きく分けて二種類が存在します。「手術」はその名のとおり、身体にメスを入れて患部に直接的な処置を加えることで症状の改善をはかります。

一方で、「保存療法」は手術以外の全ての治療方法を指します。頚椎椎間板ヘルニアでは、手足のしびれや頚部痛、しびれが原因となる握力の低下などが症状として現れます。

これらは日常生活に支障が出る可能性が高い症状ですので、出来る限り完治させたいものです。頚椎椎間板ヘルニアの治療法に関してですが、実は近年、頚椎椎間板ヘルニアの「自然治癒」が注目されていることをご存知でしょうか。

頚椎椎間板ヘルニアと聞いて、みなさんがイメージされるのは、「長い期間首の痛みに悩まされる・・・、激しい痛みやしびれが続く・・・」といったものかと思います。もちろん症状が重い場合には、手術を行わなければならないケースもあります。

しかし、近年の調査では、半月で約25パーセント、1ヶ月で約50パーセント、3ヶ月で約80パーセントが頚椎椎間板ヘルニアが治ったという結果が出ています。意外なことに、かなり多くのケースで頚椎椎間板ヘルニアには完治が期待できるということになります。

しかし、治癒率は先に述べたとおり、高いものとなっていますが、当然、「再発」のリスクが存在することを忘れてはいけません。この再発率は、40~80パーセント程度と考えられています。

そのため、治療開始から3ヶ月を過ぎても再発が続いたり、症状に改善が認められない場合には、別の方法を選択する必要性が出てくる可能性もあるため、医師と相談する必要性が出てくるでしょう。

上記に思い当たる場合は、早急に医師の診察を受けた方が良いかと思います。このように、保存療法を行なっても症状に改善が見られない場合、手足に麻痺が発生してくるなど、症状が重篤であると判断されたときには、手術が選択される場合もあります。

頚椎ヘルニア