TOP > その他・関連情報2 > 変形症とは

変形症とは


我々人間の背骨(椎骨)には、通常、首の部分に椎骨が7個(頸椎)、胴体の部分に肋骨と繋がっている椎骨が12個(胸椎)、腰の部分に椎骨が5つ(腰椎)があります。

それらのうち、頸椎の部分に加齢などに起因する現象が加わると、それが原因で首が痛くなったり、肩が凝ったり、手足がしびれたり、歩行が困難になります。

このような病気の総称を、頸椎変形症と呼んでいます。では、頸椎変形症において発生する「加齢現象」には、どういったものが存在するのでしょうか。

我々人間は、年を取るにつれて頸椎において椎間板が変形したり、骨棘という骨の出っ張りが発生したり、靱帯が肥厚してくるというような、加齢に伴う変化が発生していきます。

これらの変化が原因となって、個人によっては脊髄が圧迫されて、脊髄の症状が出たり、神経根が圧迫されることで手のしびれや痛み、あるいは力が入りにくくなるというような症状が発生します。

これらは年をとってくると、当然誰にでも起こりえます。ただ、例えばスポーツをやっている人とやっていない人での負荷の違いや、先天的に生まれついて、脊柱管が狭い人などもあるため、個人差は存在します。

基本的に、多く負荷をかけてきた人ほど発症率は高くなります。頸椎変形症の治療法としては、大きく分けて保存療法と手術療法が存在します。保存療法は、更に細かく、薬物療法、理学療法、装具療法の3つに分けられます。

薬物療法では、非ステロイド系消炎鎮痛剤、筋弛緩薬、胃薬を組み合わせて処方することが多いようです。鎮痛効果が強い消炎鎮痛剤は、多くの場合、胃粘膜に障害を与えることがあるので、注意が必要です。

理学療法では牽引治療、温熱治療、電気治療、レーザー治療、マッサージなどが行われます。装具療法では、装具を用いての治療が行われます。装具は主として、頸部の安静を目的として装着されます。

頚椎症