TOP > その他・関連情報2 > 頸椎症とは

頸椎症とは


頸椎症とは、どのような病気なのでしょうか。一般的には、あまり馴染みがないでしょうし、発症したことのない人にとっては、イメージしにくいかと思います。それでは一体、頸椎症がどんな病気であるかとういことについて、このページではご説明していきたいと思います。

頸椎症には、いくつかの種類があります。第一に、スポーツや姿勢不良など、日常生活での行動によって積み重ねられてきた負荷や、加齢による椎間板の経年変化などによって、頚部に痛みや運動障害などが発生する、変形性頸椎症があります。

次は、神経の枝分かれ部分圧迫されて起こるシビレと痛み、筋力の低下や萎縮などの運動マヒが発生する、頸椎性神経根症があります。また、頸椎性脊髄症は、変形性頸椎症を原因として頚髄が障害された状態となります。頚髄というのは、脳からの神経回路の集まりのことを言います。

この部位には、手足までの信号を送るためのケーブルと中継回路が集中しています。上方の脊髄においては、脳幹神経核の症状として、めまいや嚥下障害が発生します。程度によっては、呼吸マヒ等が発生し死に至る可能性もあります。

では、その症状についてですが、まず、肩こりや、首筋が張るなどといった状態になりやすくなります。慢性化していくと、首にかかるストレスが増加していくために、頸椎の変形を助長する悪循環となります。

頸椎性神経根症では、首を上に向けると痛みが発生する、左右どちらかに傾けると痛むなど、動作によって症状が変化します。また、頭を押さえると「椎間孔」と呼ばれる部位が押しつぶされて痛みが発生します。

頸椎性脊髄症における症状は、肩周りから手指にかけての痛みやしびれと、脊髄の中心部付近の臀部から足までの回路も圧迫されるため、四肢マヒなどが発生します。

このように首周りの疾患は大変大きな障害をもたらします。日常生活に影響が出るだけなく、最悪の場合、車椅子生活や寝たきりになってしまうこともあります。

そうならないためにも、少しでも首に違和感を感じたり、痛みや痺れを感じたのであれば、少しでも早く専門機関に診断を仰ぎ、治療に専念していくことが大切になってきます。

頚椎症