TOP > その他・関連情報2 > 首の痛みと頭痛

首の痛みと頭痛


首が痛くなったり、頭が痛いという症状の原因としては、どんなものがあるでしょうか。例えば、寝違えた、肩がこったなどが原因となり、発生することが考えられます。

頭の方に関しては、同じく肩のこりから来ていたり、風邪などの病気から来ている場合なども考えられます。このように様々な原因が考えられますが、ここでは両方の症状を引き起こすとされる、「頚椎ヘルニア」について説明していきたいと思います。

この病気は、椎間板・線維輪に亀裂が入ったことによって、内部に存在する髄核が外部に飛び出すことで、様々な症状を引き起こします。症状としては、手足のしびれや麻痺といった神経症状が主となります。

脊髄が圧迫されると、手足にかけてしびれが出るのですが、このしびれは手足の先端に行くほど強くなる傾向が見られ、身体の両側もしくは片側に発生します。

上半身では、握力の低下や、指を使う作業が困難になるなど、主に指先の動作において障害が現れます。下半身では、歩行時足が思うように動かなくなり、場合によっては、階段の昇り降りが困難になる場合もあります。

これらの症状は、脊髄のどの部位が圧迫されるかによるため、軽度の手のしびれ感程度から立ち上がることも困難になるような高度な麻痺まで、様々な症状が発生します。

その一方で、脊髄ではなく、脊髄から枝分かれする神経根が圧迫された場合では、上半身の片側に症状が発生します。この場合、頚椎の位置やその動作で変化する上半身が痛んだり、しびれが発生します。

また、筋肉に強いストレスがかかりやすく、このストレスが溜まってしまうと、そこから緊張型のものへと発展する可能性がありますので注意が必要です。

首の症状を治すポイント