TOP > 整体・運動療法 > カイロプラクティック

カイロプラクティック



首の痛みが酷い、また下に向けると痛みが増す、手の痺れがある、寝違えを起こす頻度が高い、このような症状がある場合、頚椎ヘルニアの疑いがあります。

腰の椎間板ヘルニアはよく聞くと思いますが、腰と同じくらい頚椎でもヘルニアを発症する頻度は高いと言われています。

腰の場合は、重い荷物を持ったりすることが原因となりヘルニアを発症しますが、頚椎の場合は、ほとんどが外傷性によるもので発症します。

例えば、スポーツによるものや交通事故などが挙げられます。その中でも特に多いのが、交通事故による発症です。

交通事故ではとても大きな衝撃が首にかかることが多く、人体実験などでもそれは証明されています。ですので、もし交通事故に遭遇した場合、体に異常はないかをよく自己診断して、首に異常を感じた場合はすぐに病院などで診断することが必要です。

また、足に神経症状が出た場合は腰のヘルニア、手に神経症状が出た場合は頚椎ヘルニア、と考えている方も多いようですが、頚椎ヘルニアでも重症になると足のしびれは出ます。

頚椎ヘルニア患者さんのうち、約2割は病院などでの保存療法で症状を軽減させることができますが、残りの8割の方は症状が改善されず、悩んでいる方が非常に多くいます。

そのような場合、カイロプラクティックでの施術で効果があったという方が多くいます。カイロプラクティックでは、サブラクゼーションが頚椎に起こり、椎骨がでたらめに並んでいるような状態によって、椎間板への圧力の不均等が発生していると考えます。

この状態に手技を用いたアジャストメントを用いて、頚椎に正常な湾曲を取り戻させるのが大きな目的です。一部の負荷が集中している椎間板への影響を軽減させることで、症状の回復を導きます。

このような治療を行って、頚椎ヘルニアを改善させていくのがカイロプラクティックですが、逆に症状が悪化してしまったという方が後を絶ちません。また、厚生労働省ではカイロプラクティックの治療について、以下のように言っています。

■医業類似行為に対する取扱いについて
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/hourei/061115-1a.html

ですので、当サイトではあまりお薦めできません。当サイトでお薦めしているのは、運動療法によるストレッチや体操です。

その中でも、腰椎椎間板ヘルニアに効果が高いといわれる中川式ストレッチという有名な方法がありますが、頚椎ヘルニア用のストレッチもあります。

頚椎はとてもデリケートな部分ですので、やはり無理をするのはよくありません。常に専門家のアドバイスに注意を向け、安全な方法を用いていくことが大切です。

頚椎ヘルニア