TOP > 整体・運動療法 > テーピングについて

テーピングについて



治療方法は実に様々なものがあります。牽引・整体・マッサージ・投薬・注射などが代表的なものとして挙げられます。これら全て非常に重要な治療法であり、保存療法といったらこれらの治療法だけで事足りてしまうことがほとんどです。

その為、忘れられがちですが、テーピング療法も頚椎ヘルニアには効果の高い治療法の一つです。これはどちらかといえば腰椎椎間板ヘルニアの方が使われる傾向が多くあります。

首より腰の方が貼りやすいですし、何より首にテープを貼るというのは何か違和感を感じる方が多いようです。しかし、首以外にも肩や腕など痛む箇所・痺れる箇所に貼るのも効果的なのです。使用するテープにも様々な種類がありますが、キネシオテープというものが最も一般的です。

市販で購入することが出来るので、手に入りやすいという点もポイントです。筋肉と同じくらいの伸びがある為、痛みの緩和や予防、怪我防止などに使われています。また、肌がかぶれないように伸縮性のある布にテープ状にのりをつけているものもあるので肌があまり強くないという方にも安心です。

また、リンパ液や血液の流れを良くする効果がある為、自然治癒力を高めることが期待されます。人間が本来持っている、自然治癒力で治していく頚椎ヘルニアの治療においては、とても重要なことなのです。

貼り方も簡単で、貼る場所を清潔にしてから軽くストレッチを行って筋肉を伸ばし、後はテープを伸ばさないようにして貼るだけです。貼ったまま入浴もできますし、スポーツなどで汗ではがれるという心配もありません。

ドラッグストアなどですぐに購入出来るものですし、比較的に安価で購入することが出来ます。現在行われている、治療法にプラスアルファで何か加えたいという時には必ず役に立つ方法ですので、ぜひ一度試されることをお薦めしたいと思います。

頚椎ヘルニア