TOP > 整体・運動療法 > トレーニングについて

トレーニングについて



頚椎ヘルニアを治すためには、筋力アップが必要不可欠です。首回りの筋肉をしっかりと鍛えて、筋肉量をアップさせておけば首への負担も少なくなります。

実際にはなかなかイメージしにくい面もあるかとは思いますが、筋トレは立派な治療の一つです。元プロ野球選手の赤星憲広氏も、この病気を発症して手術をした後、まず筋肉量を増やすことに努めたと言われています。

これは、練習の為ではなく治療の為にです。あまり筋肉量を増やすことは着目されていませんが、実際には筋肉量アップにより、再発も防ぐことが出来ます。

また、首回りの筋肉だけでなく身体全体の筋肉もバランス良く鍛えてあげるのが理想的です。具体的なメニューとしては、ウォーキング30分・筋トレ30分・水泳などが挙げられます。

筋肉トレ自体で症状の全てが良くなるとは言えません。しかし、広い意味で捉えれば治療の一つであるのは間違いないのです。ただ、注意しなければならないのはやり過ぎです。やり過ぎは痛みやしびれの症状を悪化させてしまうこともあります。

何事も適度が一番です。痛みがあると思ったり、無理を感じたらすぐに中止しましょう。また、メニューについては専門医に相談するのが一番かと思います。大きい病院ならリハビリの指導をしてくれる理学療法士がいますので、その方に相談するのがベストかと思います。

また、ひとつの方法だけで完治するとは言えません。しっかりとその他の治療も行いながら改善させていきましょう。普段運動しない方、身体がなまってると感じている方は、この機会に治療の一つと考えて、筋トレを始めることをお薦め致します。

頚椎ヘルニア