TOP > むちうち症について

むちうち症について

頚椎ヘルニアとむちうち症について


首の痛みや手足のしびれ、肩こりなどのように様々な症状を引き起こしてしまう病気の一つに頚椎ヘルニアと呼ばれる病気があります。頚椎ヘルニアは40代以上ならば誰でもなる可能性がある病気の一つで、多くの人の肩こりの原因として知られているのです。

そして、この病気は放っておけば治るというものではありません。よく肩こりの原因の一つに五十肩と呼ばれるものがあります。五十肩の場合、痛みなどは放っておいても次第にひいていくものですが、頚椎ヘルニアの場合は放っておくと様々な症状が出始めるのです。その一つが運動障害です。

そもそも椎間板ヘルニアというのは神経を圧迫することで起こる病気とされています。椎間板の一部の骨核と呼ばれる部分が飛び出してしまいそれが神経を圧迫することで、様々な障害を引き起こしてしまうのが特徴なのです。

そのため最初はしびれとなって現れ、ひどくなると物が持てなくなるといった症状になることがあるのです。このように頚椎ヘルニアはとても厄介な病気といえるのです。ではこの頚椎ヘルニアになってしまった場合にはどのようにすればいいのでしょうか。

頚椎ヘルニアになった場合にはまずはしっかりと病院で診察を受けるということが大切です。頚椎ヘルニアはMRIを使わなければ判断ができません。レントゲンではわからないので、MRIでしっかりと判断しましょう。症状が酷くない場合には保存療法で対処することができます。

そして、最近ではより手軽にこの頚椎ヘルニアを改善することができる方法がるのです。それがストレッチを行う方法です。頚椎ヘルニアを改善する手段として血行をよくするという方法があります。ストレッチを行えば血行を促進するので、ヘルニア改善を早めることができるのです。自宅でも簡単にできるのでぜひ行ってみてください。