TOP > むちうち症について > むち打ち症について

むち打ち症について


むち打ち症は診断名として扱われることはありません。診断時には、「外傷性頚部症候群」、「頚部捻挫」という診断名で扱われることが多いです。自動車事故などによる首周りやその周辺の打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などをこの通称で呼ぶ事が多くなっています。

自動車事故の他には、労働災害やスポーツ障害などが原因となって発生することもあります。あるいは、整体やカイロプラクティックなどで行われる、不適切な施術によるケースも増えてきています。

この名称からは、鞭で強く叩かれたときにできる傷を連想するかと思いますが、どちらかというと、「鞭振り症」の方がイメージとしては正しく、幹上にやや不安定な状態で乗っている重い頭部が、強い衝撃により幹上とは別の、鞭を振り回したときのようなS字の動きを強いられ、様々な症状が出現する疾患です。

車で追突事故を起こしたときに、首が前後に激しくゆすられて、その後、痛みが出てくるというものです。多くのケースでは、事故にあった当日はほとんど症状が出ません。その後、しばらくして、翌日あたりから痛みなどの様々な症状が出現することが多いです。

それ以外にも、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などの様々な症状が患者側から訴えがある事はありますが、残念ながら医学的には認められるものは少ないのが現状となっています。

先にも述べたとおり、原因として最も多いとされるのは交通事故です。事故の処理を優先するあまり、病院へ行くタイミングが遅れてしまう場合があります。

それ以外ですと、スポーツによるものも報告されています。こちらでも、ゲームの進行を優先するあまり、病院へ行くのを後回しにしがちです。放っておくと後々、大きな後遺症に悩まされることが多々ありますので、出来る限り早く、診断や治療を受けることを強くお薦めしたいと思います。

むち打ち症