TOP > むちうち症について > 後遺症について

後遺症について


むち打ちと聞いて、あなたはどのような症状をイメージされるでしょうか。まず、初めにお伝えしたいのは、このむち打ちという言葉は診断名として扱われることはありません。

むち打ちは通称であり、診断時の病名としては、外傷性頚部症候群、頚部捻挫という診断名で扱われます。そして、このむち打ちで最も大きな原因となっているのが、自動車事故です。

その中でも、おかま事故が圧倒的に割合を占めています。おかまとは、信号待ちや渋滞などで止まっているところに、後続車が突っ込んでくることを言います。もしかしたら、あなたも一度位は見たことがあるかもしれませんね。

このおかま事故は、ドライバーが無防備な状態で起きやすいため、首周りやその周辺の打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などをおってしまいます。また、当日に痛みやしびれなどを発症することは少なく、少し時間が経過してから、じわじわと首周りに痛みが出てくるのが特徴的とも言えます。

この、むち打ちという名称からは、鞭で強く叩かれたときにできる傷を連想されるかと思いますが、むしろ鞭振り症の方がイメージとしては正しく、?幹上にやや不安定な状態で乗っている重い頭部が、強い衝撃により?幹とは別の、鞭を振り回したときのようなS字の動きを強いられることで様々な症状が出ます。

むち打ちの多くのケースでは、事故にあった当日はほとんど症状が出ません。多くの場合、翌日あたりから痛みなどの様々な症状が出現することが多いです。

また、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などの様々な症状が患者側から訴えられています。

そして、交通事故の訴訟問題として、論点となりやすいのも、このむち打ちです。要は、治療費に関して、現在の症状が交通事故によるものであると結び付けられるかということです。

残念ながら、先に挙げた症状のうち、医学的に関連性が認められているものは数が少なくなっているのが現状です。そのため、訴訟においては、症状が交通事故によるものであると認めさせられるかという点に終始します。

むち打ち症